MENU

BLOGブログ

日常

名選手名監督にあらず

2021.06.27

名選手名監督にあらず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一度は聞いたことがあるかもしれませんし

仕事を通して

実感している人もいるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一流のプレイヤー

一流のマネージャー

とは

限らない

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

できること≠教えられること

 

 

 

 

 

というお話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし

一流のマネージャーになるためには

 

ある一定の成果をプレイヤーとして納める必要がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

マネージャーは人に認められてなるもの

 

 

だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校の先生も同じだと思っていて

 

先生や教授

 

だからと言って

 

 

 

 

 

 

私は先生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というスタンスの人に対して

 

 

わたしは基本的に冷たい対応をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職種的に教師

というのは理解できるのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生というのは

 

生徒がその人を先生と認めて

 

初めて先生になる

 

と考えているからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例え権威ある方にお会いしても

あ、この人、先生じゃないな

と感じれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失礼の無い程度に

〇〇さん、〇〇様

と先生と呼ばないようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは学ぶ姿勢としては

良くないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし

 

誰からでも学ぶことはある

 

理論の人が居られますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

効率を考慮してのお考えなのか

 

疑問です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった事象は

生理現象レベルと捉えていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生時代

嫌いな先生の教科を

嫌いになったり、

成績が落ちた経験はありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは学問ではなく

 

その人(自称先生の人)を嫌いになることで

 

学び機会を喪失するからだと思います。

 

 

※安全とはいえ、叱責して嫌われることは

「嫌われる勇気」とは違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、

教育者の本質は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学びに興味を持たせること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

であって、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい情報を伝える

均一な情報を伝える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

 

教科書の仕事

 

だと思っています。

 

 

※教える内容にバラつきが出ないように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから教育者は

伝え方よりも聞き方を先に学んだ方が良い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力を磨こうとする

教育者も少なくないですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な定義を答えられますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育者に必要なのは、

 

相手の反応を見ながら話せるコト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の知りたい情報を的確に

知りたい情報だけを教える

または

気付かせてあげる質問をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが教育者のコミュニケーション能力だと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育現場のみを経験している方には

正直難しいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

基本的に目下の人と接することが多いので

自分より強い人と戦う時間(経験値)が

 

 

 

 

圧倒的に少ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに

頭の良い生徒

カンの良い生徒

 

 

鋭いツッコミに

対応できない

自称先生が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは単純に

 

 

 

経験値不足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自称先生にだけには

なりたくないものですね。

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから