MENU

BLOGブログ

日常

【音楽】フェリー・コーステン/トランス

2021.06.18

トランスを電気屋さんが検索してたらごめんなさい

 

CYBER TRANCEとかのトランスの話です。

 

 

 

 

 

 

 

最近では

EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)

として

一括りにされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BPM(ビート・パー・ミニッツ)

※1分間に何回トントンするか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンセサイザーの音が

特徴的で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1曲の中で

BPMが80~150と

変化するくらい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緩急がある曲であったり

 

 

 

 

 

 

 

 

うねる様な音だったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幻覚や催眠に陥る

言わゆる

トランス状態

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に誘うような曲だから

そう呼ばれるようになったそうで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々は

ハウスミュージックからの

派生だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年頃には

サイバートランスという名前の

日本ブランドで

結構流行りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃の中身は

ダッチ・トランス

(ダッチ=オランダ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と呼ばれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパのトランスが

サイバートランスとして

 

 

 

流行しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本のクラブシーンの

歴史的は

【有名だったお店】

♪ 音楽ジャンル名

 

【マハラジャ】

♪ ソウル

♪ ハイエナジー

(元祖ユーロビート)

踊り方はステップ中心
だったはず!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ジュリアナ東京】

♪ 第2次ユーロビート

(パラパラはココから?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【六本井ヴェルファーレ】

♪ R&B

♪ 第3次ユーロビート

(スーパーユーロビート)

(パラパラはココだっけ?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪ トランス

※割とキラキラ系で透き通った感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪ サイケデリック・トランス

※テクノと混ざった感じの、

ガンガン踊れる曲

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪ ゴア・トランス

※アングラ風味な音

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ^ω^)・・・

 

 

 

 

 

 

 

誰が興味あるの?

 

今日の話!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっちまいました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを書く時に

 

 

久しぶりに

 

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeでトランスをかけて

みたもんだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踊りたくなってきたーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

System F 名義で活動していた

フェリーコーステンさん

 

 

オランダ  ロッテルダム生まれ

 

 

トランスミュージックの

ディスクジョッキー

リミキサー

音楽プロデューサー

 

 

 

トランスミュージックのひとつである

ダッチトランスの創始者の一人

 

 

引用:Wikipedia フェリー・コーステン

 

 

 

 

 

わたしの好きな曲は

Out of the blue

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいおいおい

 

記念すべき500回目の記事が

 

これかいーーー

 

※狙ってませんでした。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから