MENU

BLOGブログ

日常

擬犬化してわかること

2021.06.15

擬人化というのは人以外のものを人に例えて表現することです。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで

本社で開催された

工事部会という会議の時に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者を

擬犬化させたら

みんなどんな犬種かな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会議中に考えてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、

不要なこと考えてました

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは個人の偏見であり

感想なので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共感して頂いたり

反感を持って頂いたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

失礼だろと思う人もいるでしょうが

 

※それは犬にも失礼だろという話で...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海の如く

 

広く

 

青い

 

心を持って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みくださいませ

 

ご主人様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

擬犬化一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長はジャーマンシェパード

※しっぽ振らないセントバーナード
という意見もありました。

社長。
お客さんには振ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

工場長はシベリアンハスキー

 

 

 

 

 

 

 

工事部のSさんはチワワ

 

 

 

 

 

 

総務部のKさんはポメラニアン

 

 

 

 

 

 

 

営業部のSさんはプードル

 

 

 

 

 

 

 

 

営業部のDさんはコーギー

 

 

 

 

 

工事部のHさんはイングリッシュ・グレイハウンド

 

 

 

 

 

 

 

経理部のSさんはビション・フリーゼ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

忖度したんだか

してないんだか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書いてる自分でもよくわかりません。

思っている以上に

みんなのことを理解していないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というより

犬の種類っていっぱいあるんですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全然わかりませんでした。

 

※いや、犬のことを

わかって居なかったのだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うかつに擬犬化を

考えてはダメということですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら

 

 

 

歴史上の人物シリーズとか

 

 

 

やってみたいなと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当だったら

 

かわいく、

 

社員の特徴を伝えられたらいいなー

 

と思ったけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

擬犬化 企画は

ボツですな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワン ワン

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから