MENU

BLOGブログ

日常

仕事の本質

2021.06.07
我が社は配管屋である。       名前はまだない。       そんな訳はない。           参考:夏目漱石著 吾輩は猫である                     それはさておき               配管をする意味は           水を送る 空気を送る 原料を送る エネルギーを送る             その動線を確保する           ことが仕事の本質であり           配管は手段に過ぎない。             配管という手段が 耐久や効率を考えた時に 都合が良いから配管を使う                 会話で 蒸気だから〇〇で大丈夫 ステンレスだから〇〇溶接             といった内容を 耳にするときに                 経験則で話をしているものの 現場の状況や条件を考慮しての発言か 疑問に思うことが多々ある                 経験値が高いことは良い事     しかし     経験の積み方には                 注意してほしい                                 仕事の本質を捉えた 経験値の積み方をしてほしい                                         なんでもかんでも 細かく質問しなさい という訳ではなくで                                       なんでもかんでも 疑問にもつこと 自分で調べてみる事 が とても大事                                   なぜ いきなり人に聞くことが いけないのか                                       個人的主観 その人の感想が入る 限定条件下での情報になりがち                                       自分で調べることの大切さ 個人が発信できる時代になってしまったので 情報の信ぴょう性は 遥かに下がっていますが                                     公的な情報などは 汎用的なものが多く 基本を学ぶには 適しています                                     ただし 現代はインターネットで調べる事も多く               このブログも 筆者と内容チェックは 1人で行っている。                           間違った発信をほぼ気付けない。 ※残念                                   個人発信のものは 特にいいかげんな情報が蔓延している                                     〇〇の業界 〇〇職   はこうだ!       というものが わかりやすい                   実際、 書いた人が     何年 どの職位(ポジション)     で居たか                         たまに アルバイト経験者が 企業批判や業界批判していたり                                     いやいやいや その考え方してたら どこ行っても                             同じ意見になるよね   そんな人も多い                                                 情報はあくまでインプット   アウトプットする際に   その情報に振り回されていては   思考停止だということ                                       配管の勉強をしたとして   組み立て知識だけを覚えようとすると   パターンも多く   大変なので                                           根本的な仕事を意識して学習すれば   覚えること自体は減らせる   ※思考するための材料を記憶する                                     たとえば、 トイレを流す用の水を送るなら 1回に使う水も少ないから 細い配管を使おう 細い配管はどのくらいの太さ? 15Aくらいでいいかな                                   これを 水は15Aが多い             みたいに覚えると   15A以外もあるってこと? 15Aで本当にいいの? 水だから15Aだな←これ最悪                                         疑問を持つなら救いようもある 疑問も持てない人は ミス量産機の量産に繋がります。                                       何のために 何を学んでいるか                                     これを意識するだけでも 周りに圧倒的な差を付けられます。                                         新人さんこそ そこを意識していてほしい。                
ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから