MENU

BLOGブログ

日常

配管材料は要素が多い

2021.06.04

エルボ一つとっても

 

 

 

注文をするときに確認する点は、

6項目あります。

 

 

-----------------------
【材質】



SUS(サス)

-----------------------

【口径】

 15A~

-----------------------

【厚み】

Sch10

-----------------------

【接合方法】

溶接
ねじ

-----------------------

【角度】

90°
45°

-----------------------

【長さ】

ロング
ショート

-----------------------

 

大事なのは

6項目あることを理解する事

 

 

 

なぜなら

注文する際に

 

 

 

 

要素が5つだけであれば

間違いなく1つ要素が漏れている。

 

 

 

 

 

確認の電話が来る

確認をする

残りの1つを連絡する。

 

 

 

 

これは絶対にやってほしくないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強する時にやってほしいこと

 

 

 

 

 

 

 

接合方法で

継手(つぎて)を分けて覚えること

 

 

 

 

 

 

 

 

レジューサーとユニオンをセットで覚えるのはなく
(溶接接合) (ねじ接合)

 

ブッシングとユニオンをセットで覚えてほしい
(ねじ接合)(ねじ接合)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レジューサーとブッシングは

 

口径を膨らませたり(太くしたり)

口径をすぼめたり(細くしたり)

 

する

同じ機能の継手と覚えて下さい。

 

 

 

 

 

ここで、

ベテラン勢は

 

 

 

 

 

 

エキセントリックレジューサー

コンセントレジューサー

ある!!

 

 

 

 

と大概

口を挟んできますが

 

 

 

 

 

 

 

 

マジでどうでも良い

 

 

 

 

 

 

 

 

その段階じゃないし

材料発注を完璧にやってから

講釈を垂れてくださいまし

 

 

 

 

 

 

 

ご主人様

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから