MENU

BLOGブログ

日常

第四次産業革命スキル習得講座(Reスキル講座)

2021.05.22

「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」(通称「Reスキル講座」)

 

 

 

というものが存在するらしい。

 

 

 

 

ざっくり説明すると

 

 

 

国がIT系の講座で勉強するときに

いくらか補助してれる制度

(働いてる人向け)

 

 

 

 

 

 

 

 

という説明を

ゼラチンで固めたものがコチラ

 

 

    ↓

 

 

IT・データを中心とした

専門性を身に付けてキャリアアップを図る

教育訓練講座を経済産業大臣が認定する制度

 

参考:経済産業省HP
https://www.meti.go.jp/press/2021/04/20210422003/20210422003.html#:~:text=1%EF%BC%89%E7%94%B3%E8%AB%8B%E7%8A%B6%E6%B3%81-,%E3%80%8C%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E6%AC%A1%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB%E7%BF%92%E5%BE%97%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E5%88%B6%E5%BA%A6,%E3%81%8C%E8%AA%8D%E5%AE%9A%E3%81%99%E3%82%8B%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82

 

 

 

 

 

ここで

第四次産業革命を語る前に

各時代の産業革命を簡単に説明します。

 

 

 

第1次産業革命

 1784年 工業化

 水力や蒸気機関による

 軽工業の機械化

 

 

 

第2次産業革命

 1870年 大量生産

 分業に基づく電力を用いた

 重工業の機械化・大量生産化

 

 

 

 

第3次産業革命 

 1969年 自動化(オートメーション)

 電子工学や情報技術を用いた

 機械による単純作業の自動化

 

 

 

 

 

第4次産業革命

 2010年 個別生産化

 機械による知的活動の自動化・個別生産化

 

 

 

 

 

 

第4次産業革命のポイント

 

 

 

① 財・サービスの生産・提供に

  データの解析結果を活用

 

 

 

② シェアリング・エコノミー

 

   インターネットを通じ、

   サービスの利用者と提供者を素早くマッチング

 

   個人が保有する遊休資産(自動車、住居、衣服等)を
  
   他者に対して提供

   余った時間で役務を提供するサービス

 

 

 

 

 

 

③ AIやロボットの活用

   自動運転の試行実験

   AIを活用した資産運用

   介護などでのロボット

 

 

 

 

 

 

④ フィンテック(FinTech)

   金融を意味するファイナンス(Finance)

        +

   技術を意味するテクノロジー(Technology)

 

 

 

 

 

   取引先金融機関やクレジットカードの利用履歴を

   スマートフォン上で集約するサービス

 

 

 

 

 

   個人間で送金や貸借を仲介するサービス

 

 

 

 

 

 

   AIによる資産運用サービス

 

 

 

 

   情報をAIで分析して信用度を評価、
   
   伝統的な銀行では貸出の対象にならないような

   中小企業や消費者向けに迅速に融資を行うサービス

 

 

 

 

参考:内閣府HP
https://www5.cao.go.jp/keizai3/2016/0117nk/n16_2_1.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかえり

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで

読み飛ばしたでしょ?笑

 

 

 

 

 

 

※飛ばしてなかったらゴメンなさい。
 お読みくださり、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻すと、

 

・プログラミング

・AI(人工知能)

・サイバーセキュリティ

・WEBエンジニア

・気象データアナリスト

・リモートセンシングデータ

・自動運転システム構築

 

 

 

 

 

などなど

 

 

 

 

つらつらー

っと書きましたが

 

 

 

 

 

なんそれ!!!?

 

 

 

 

 

 

いくつか私もわかりません!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

 

国がお金を出してくれるというので

 

どれかやってみたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれは国が補助してくれます

本人が支払う代金の一部

という条件付きなので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自腹を切って学ぶ

 

覚悟のない人は忘れてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学び も 遊び

 

自腹切った方がイイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真剣に学んで

真剣に遊ばないと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生で活かせないのは、私の未熟さのせい?

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから