MENU

BLOGブログ

日常

応援に行く派と応援を待つ派

2021.05.18

同現場の構内で同時多発テロ的に

複数現場が発生する事も少なくなく

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は

3チーム編成で

 

 

 

 

 

 

 

 

螺旋階段をぐるぐるぐるぐる

 

 

 

 

 

 

 

 

片道だけで

脚が...

息が.......

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき

 

そんな中

 

各現場の職人さんと言葉を交わす中で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

応援に行こうと思う人と応援を待つ人の差

 

 

 

 

 

 

 

 

この2パターンの人を観察した記録

 

 

 

 

 

 応援に行こうと思う人

 

  チーム全体の仕事が早い

  一瞬で一気に進めようとする

 

 

  他の現場の進捗を気にして、

  自分の工程との時間を考えて

  何時頃に応援に行けるかコミットする

 

 

 

 

  合流した後

   もう終わった?

  が挨拶代わり

 

※仕事デキない人も、
 ここだけは真似するから見てて笑えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 応援を待つ

 

 

  仕事が遅い

  くだらないことで手を止める

  確認できないことを考える

※お客さんに聞かないと答えが出ないこと

 

 

 

 

 

 

 

  無駄に道具や材料を見る

  細かい仕事をコツコツする

 

 

 

 

 

 

 

仕事が早い人仕事のキレイな人

どちらの方が良いかという議論をしたときに

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事のキレイな人を選んだ人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ですが

九分九厘 仕事できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的には

 

 優先順位が付けれない

 要領が悪い

 だんどりができない

 人のせいにする

 言い訳もヘタクソ(理論が通っていない)

 同時進行ができない

 先が考えられない

 時間感覚が無い

 

 

 

などなどの症状が現れます。

 

 

 

 

 

新人さんは

 まずは仕事が早い人になってください。

 

 

 

なぜなら

 仕事が早ければ、やり直しが効くし

 人の倍、経験を積める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早く仕事ができる

 =キレイにするための、学びが増える

 =キレイにするための、余裕が生まれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、

納得するまで動けない人が

増えて来たという話を聞くことがあります

 

 

 

 

 

 

 

納得するまで動けない人

頭悪いです。

 

 

 

 

 

 

 

瞬間的に物事を理解する能力がないにも関わらず

納得してからでないと動かない

 

 

 

 

 

 

 

 

ただの邪魔ですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

言われたことをやってみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やってみて、考えてみる。

 

ぜひ何故これをやるのかを

 

やる前に、考えてみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お仕事というものを考える時に

 いかに稼げるかではなく

 いかにその仕事を愛せるか

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば、

 

 自ずと、成長に繋がるというものです。

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから