MENU

BLOGブログ

日常

集団極性化は集団的浅慮の前菜

2021.05.13

集団極性化(きょくせいか)と集団的浅慮(せんりょ)

※今回は集団極性化のお話

 

 

物事を決めるとき

 

 


・一人で決める

・みんなと話合って決める

 

 


より安全な選択をするのは

 

 


実は

 

 

・一人で決める

 

 


こっちです。

 

 

 

意外な気がしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 


これは

 


リスキーシフト

 


と言われる現象。


※社会心理学の用語

 

 

 

 

 


個人よりも集団で意思決定をした方が

よりリスキーな選択をしがち

 

 

 

 

 

 

安定志向の人ばかりを選んで集めた場合は


逆の


コ―シャスシフト


と呼ばれる


安全な方に偏った現象が起きるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の場合は


完全にリスキーシフトですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


会社の理念である


 EXTEND THE GOOD

 (イイトコロ を 伸ばす)

 

 


 


キャッチコピーの


 すぐにNOと言わない会社

 

 


 

 

 

 

前向きな行動や挑戦に


価値基準を置いている当社にとって

 

 

 

 

 

 

 

リスクよりもチャンスを!


という風土があるため

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポジティブ リミッターが


イイ感じに


外れちゃってる人が多いので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イケイケ ドンドン的なノリが

 

続いてはおりますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここへ来て人数も増えて参りましたので

 

ぼちぼち

 

組織としての形態変化も

 

必要となってくるのではないでしょうか?

 

(他人事www)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社内の議論も


基本的にはポジションは取らず


少数派に加担する立ち回りで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意見に対する

均衡を取っていきたいなと....

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

議論を長期化させたいわけではないけれど


個人個人が本来は


賛成、反対の両方の側面から


コメントできると


より良い議論ができるかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると

司会や議長の

手腕が試されちゃうんですけどねー

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから