MENU

BLOGブログ

日常

安全配慮義務と一人親方さん

2021.05.12

安全配慮義務と一人親方さんの関係性について書いて行きます。

 

 

 

 


スルーしてもいいところ
    ↓
-------------------------------

労働契約法(平成19年法律第128号)

第一章総則(第一条―第五条)

第五条

使用者は、
労働契約に伴い、

労働者がその生命、
身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、

必要な配慮をするものとする。

【引用】労働契約法(平成19年法律第128号)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoukeiyaku01/dl/10.pdf

-------------------------------

 

 

と相変わらずの疲れる文章だことwww

 

 

 

でも

縦書きから、

横書きになったことは

国も変わってきたのかな?と

 

 

 

 

 

 

 

今回は、

一人親方さんについて書いて行こうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

まず大前提として

 

 

 

 

 

労働安全衛生法上

一人親方さんは労働者としてみなされません。

 

 

 

 

 

経験の低い人がいきなり

一人親方さんをすると

技術以前に安全について

誰にも教えてもらっていない状態で

現場に行くことになる。

 

 

 

 

これは超絶危険です。

 

 

 

 


昨今、

各社のルール改正により

一人親方さんが現場に

入りづらくなっている要因の一つとして

 

 

 

 

 

 

一人親方が

事故やケガをしたときどうなるか

 

 

 

 

 

 


ということが挙げられる。

 

 

 

 

 

 

 

 


一言で言うと元請の責任になる。

 

 

 

 

 

力量を確認していない状態で


万が一初心者の一人親方を入場させて


事故やケガをした場合

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりのハイリスクになる訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

安全配慮義務違反について

以下のような記述がある。

 

 

 

 

 

 

元請と一人親方が
「実質的な使用従属関係」にある場合、

 

 

 

 


裁判例上、
元請の一人親方に対する

 

 

 

 

 

安全配慮義務が認定される。

 

 

 

 

 


元請の
一人親方に対する

 

 

 

 

 

 

安全配慮義務が認定されるかどうかは、

個別具体的な事例に基づき、

裁判所により判断される 

 

 

 

 

 


【引用】
Wikipedia一人親方
 一人親方と安全配慮義務
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E8%A6%AA%E6%96%B9

 

 

 

 

 

 

 

 


詳細まで知らないので

語るべきは無いのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


裁判所の判例については

納得感に欠けるものだと感じる。

 

 

 

 

 

 

 


福沢諭吉の


天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は平等という考え方があるものの


国家権力を有無を言わさず


振りかざせる立場の人間がいる事...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


自分が国家権力を振りかざす立場に立った時


報復をするのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


はたまた平和的解決を目指すのかは


また来世のお話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人親方さんには

ぜひ安全については一般企業の社員さん以上に

独学して頂きたいと

 

 

 

 

 

 

 

切に願います。

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから