MENU

BLOGブログ

日常

手直しは花を一本いけるだけ

2021.05.09

華道の先生とお話をしてきました。

 

 

 

 


華道は花道とも書くそうです。

 

 

 

 

 


いけばな

 

 

 

 

 

 

 

生け花・活花・挿花

 

 

 

と表現はいろいろあるそうです。

 

 

 

 

 

 

華道の先生に

 

 


長年指導をされていて

気を付けておられることは何ですか?

 

 

 


と質問をしてみたところ

 

 

 

 

 

 

 

気を付けているというよりは...という

前置きの後に

 

 

 

 

 

生徒さんのいけばなに対して

1本だけ足させてもらう

 

 

 

 

 

というお答えでした。

 

 

 

 

 


ふむふむ

 

 

 

 

 


続けての質問


 場合によっては、


 1本だけ減らすこともありますか?

 

 

 

 

 


この質問に対して


 ないですね。


 生徒さんの世界観を尊重して


 引くことはしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど・・・

 

 

 

 

求道的なモノは基本的に原点回帰や間引き

 

 

 

 

特に日本の伝統武芸は

 

わびさびの観点から

 

空間や間を大切にする流れがあるので

 

 

 

 

てっきり


引き算での指導が主体だと思っておりました。

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら

指導という観点で

 

 

 

1輪の花が

作品の世界観を変えていく

 

 

 

 

 

 


これは人の世界観にも言える事かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


心に刺さる言葉で


自分の世界観が変わることは少なくない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな一手を打てる人になって行こう

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから