MENU

BLOGブログ

日常

本番で練習すなアジャイル開発の弊害

2021.05.07

本番で練習するなアジャイル開発の弊害

 

 

 

 

IT業界の有識者の議論に

参加させて頂いて

思った事ですが

 

 

 

 

 

なんでもかんでも

アジャイルでやろうと思うなよ!!!

※アジャイル=作りながら開発すること

 

 

 

 

 

と思った事をその場で言わず

 

 

 

 

 

ブログで

王様の耳はロバの耳

的なことをする

小物です。(*ノωノ)キャー

 

 

 

 

 

という訳で

 

 

 

 

 

IT賢者達は

このブログにはたどり着かないと

高を括っております。

 

 

 

※鷹を括るではないのね・・・

 

 

 恥ずかしながら

 「鷹を括っているから安全と油断する様」と

 解釈しておりました。

 

 

 

 

 分量(高)を予想する・測る(括る)から

 転じて

 侮る、馬鹿にする、軽んじるなどの

 意味で使われるようになったそうです。

 

 

 

 

 ためになったねぇ~

 ためになったよぉ~

 

 

 

 

 

話をもどして(恒例)

 

本番で練習するな

昔お客さんに怒られたことを思い出したワケです

※当社の話ではございません。w

 

 

 

 

 

 

何かにつけて

リリース先行

 

 

 

とにかくやってみる

 

 

 

が正義みたいになってきております。

 

※もちろん大いに賛同する部分もあります。

 

 

 

 

 

 

ただ、

そのお客さんにとっては

その1回しかサービスを提供する機会がないかもしれない

 

 

 

 

 

提供側の都合で

途中段階のものを提供して

お金をもらう考え方は

身勝手ではないのか?

と思うこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

わたしは開発中のものを利用することで

不具合や足りない部分を見たいタイプなので

 

 

 

 

 

 

それを

どの順番で改修していくのか

それを学びたいので

 

 

 

 

 

そのサービスの未来に向かって

開発中のサービスに投資することが多いです。

 

 

 

 

 

※人間誰がやっても

 正解は

 ある程度収束する

 と考えているからです。

 

 

 

 

とはいえ

 

 

 

 

そんな人ばかりではないと思うから

ちゃんと金額分のサービスしなさい

正論だと思います。

 

 

 

 

 

 

世の中的に当たり前のOJTも

 

お客さんを前にして

 

メモも取らない新人を連れて来ても

 

正直 見栄えが悪いだけ

 

 

 

 

 

 

お客さんの前なら

学ばせて頂いていることを自覚すること

会話以上の学び気づき

メモに残し

 

 

 

 

 

お客様へ還元する

新人ならではの視点は必ずある

 

 

 

 

 

 

 

この意識を以って学んで頂きたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、

 

 

 

 

 

昨日から研修を始めた新人さんも

これから出会う新人さんも

 

 

 

 

 

まだ見ぬ、未来のアナタへ

 

 

 

 

これから頑張っていきましょうね

 

 

 

 

 

わたしが一番頑張るので

わたしの次に頑張って下さい。

 

 

 

 

※俺が一番だってみんな言いそうだなぁ....笑

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから