MENU

BLOGブログ

日常

プロスペクト理論 決められない人へ

2021.05.04

プロスペクト理論のお話

 

行動経済学で有名な

 

意思決定についての理論

 

 

 

 

 

 

 

ひと言でいうと

 

人は損をしない方を選ぶ

 

 

 

 

 

という理論

 

 

 

以下、

Wikipedia「プロスペクト理論」の概要から引用・参考

 

 

 

 

 

質問1

 どっちを選びますか?

 

 

選択肢A

 100万円が無条件で手に入る。

 

 

選択肢B

 コインを投げ、

 表が出たら200万円。

 裏が出たら0円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説

 Aを選んだ人、多いのではないでしょうか

 

 

 

 

 

これは、

数学で言う期待値が

 

 

 A=100万円 

  100万円÷1つの可能性

 

 B=100万円

 (200万円+0円)÷2つの可能性

 

 

 

 

 

 

期待値は同じであるものの

人は確実に100万円をもらえる方を選びがち

(0円の可能性を排除する)

 

 

 

 

 


質問2

 あなたは200万円の借金をしています

 どっちを選びますか?

 

 

 

選択肢A

 無条件で負債が100万円減額

 負債総額が100万円になる。

 

選択肢B

 コインを投げ、

 表が出たら全額免除。
 裏が出たらそのまま。

 

 

 

 

 

 

 

解説

 こうなるとBを選ぶ人が増える。

 

 

 

 

期待値の話は

前述とほぼ同じ。

 

 

 

 

違うことはリスクを抱えた状態だと

リスクをより大きく減らせる方を選択しがち

 

 

 

 

ということが分かる。

 

 

 

 

 

 

これを日常に当てはめて考えてみる

 

 

 

 

 

今の仕事が嫌だ、嫌だと言いつつ

その会社に居続ける人が存在する。

 

 

 

 

これは

 転職シーンに置いての話

 

 

 

 

 

今の環境と変わる=リスク

と捉えた場合

 

 

 

今の環境で我慢する≠リスク

になるわけで

 

 

 

 

 

 

ずっとそこに居るわけです。

 

 

 

 

 

 

転職後

 A(コインが表)

  条件が自分好みになる(お休みや給与が増えるなど)

 

 B(コインが裏)

  実際入ってみたら違うかもしれない

 

 

 

 

 

これは結果論と本人の捉え方次第みたいな部分もある。

 

 

 

 

 

転職はコイントスみたいなものです。

 

 

 

 

 

 

そのトスを上げるか、

上げないかはその人次第。

 

 

 

 

 

 

裏が出たとして

再度コイントスしようという気持ちでいれば

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンチャンスの人生

 

 

 

 

 

 

 

遥かに簡単な決断になると言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選択を迷わせるのは自分自身だけ

 

周りは なーにも

 

変わっていないのですよ

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから