MENU

BLOGブログ

日常

仕組みの限界点

2021.04.30

ISO9001の更新審査を無事完了して思ふ

仕組みの限界点・・・

 

 

 

 

 

 右向けー右

 左むけー左

 

 

 

これは

 

 右向いてほしいときの号令

      と

 左向いてほしいときの号令

 

 

 

 

 

 

 

その状態にあれば良いという

 指示の仕方

 

 

 

 

 

 
 みなさーん右向いてください

 

 〇〇さーん右向いてくださーい

 

 

 

 

 

その状態にあれば良いという

 お願いの仕方

 

 

 

 

 

 でも実際

 〇〇さんが右を向いてくれる

 
  確率が高いのは

 〇〇さーん右向いてくださーい

 

 

 

 

 

1on1コミュニケーションの方が再現性は高い

 

 

 

 

 

 

 この道は車がいっぱい通るので気を付けてください。

 キョロキョロ

 

 

 

 

 

 

これは、

 抽象的な注意の仕方であり

 

 

 具体的な指示でもなければ、

 具体的なお願いでもない

 

 

 

 

 

 

より効果のある(行動がともなう)

 注意喚起はどれだろう

 

 

 

 

 

 

問題解決の視点から

 3パターン例を挙げてみる

※具体と抽象の話

 

 

 

【注意】

 話の流れで、

  交通安全をテーマに

   以下の説明を使用と思いましたが

    明らかにわかりにくいため

 

 

 

 恥を忍んで、

  よりわかりやすいであろう

    ショップを例にお話を展開していきます。

 

 

 

 

問題解決には

 ・良い問題解決
 ・悪い問題解決

この2種類が存在します。

 

 

 

 

問題発見

 →課題抽出

  →解決策立案 
 

の方法について

 

 

 

 

(例)

 雑貨を販売するお店がありました。

 店長:最近売上が上がらないなぁ・・・

 

 

 

 

 

パターン1
 
 具体→具体

(問題発見→解決策立案)

 

 

 

 

 店長:よそのお店より、値段が100円ずつ高いもんな!

    よし、安くしよう!

 ※これは同じ問題を繰り返すパターンのアプローチ

 

 

 

 

 

パターン2

 抽象→抽象

(問題発見→解決策立案)

 

 

 

 店長:最近お客さん減ったもんなぁ・・・

    もっと良いお店にして、がんばるぞ!

 ※何も解決しないパターン

 

 

 

 

 

 

パターン3

 具体→抽象→具体

(問題発見→課題抽出→解決策立案)

 

 

 

 

 
 店長:この前も前の人と対応が違うって
    怒られちゃったな・・・

    
    そういえば、マニュアルがないから
    挨拶の仕方も違うもんな

    挨拶のマニュアルから作ろう

 

 

 

 

 ※起きた事柄を具体的に挙げる
   なぜなのかを客観的に考える
    客観的な問題を具体的に解決する

 

 

 

 

 

 

 

この振り返りを、

工事現場毎に1つでもいいから

毎日展開できるようなら

 

 

 

 

 

 

 

 

1000%どこにも負けない自信がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ以上リスクは下がりませんって

 リスクアセスメントに

  何の意味があるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場で頑張ってくださる全ての人が

 

 

 

 

 

 

 

書類を作成する時間を

 見回りや作業に当てられるなら

 

 

 

 

 

 

 

ココロの余裕もできて

 事故防止に繋がるのでは?

 

 

 

 

 

 

 

と思う今日頃ごろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココロもカラダも

みなさま ご安全に!

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから