MENU

BLOGブログ

日常

顧客とクライアントの違い

2021.04.25

みなさんは自身のお客様を何と呼んでいますか?

 

 

 


お客さん

お客様

顧客

客先

利用者

クライアント(広告主・カウンセリング受けに来た人)

クランケ(ドイツ語で患者)

ユーザー(利用者)

コンシューマー(消費者)

カスタマー(顧客・得意先・取引先)

パッセンジャー(乗客)

 

 

 

 


これを聞くだけで

どの業界にいるか

察しがつくものもあります。

 

 

 

 

 

 

 


今回のお話は

 

・顧客

・クライアント

 

 

に焦点を当てて話をしていきます

 

 

 

 

 

 


コチラの本には


-------------------------
参考:ジェイ・エイブラハム著

新訳 ハイパワーマーケティング 

あなたのビジネスを加速させる「力」の見つけ方
-------------------------

 

 


顧客

 商品やサービスを購入する人

 

 

クライアント

 他人の保護下にある人

 

 

 

 

 

 


という定義づけをしています。

 

 

 

 

 

 

 


当社のサービスに当てはめて


少し噛み砕いて説明すると

 

 

 

 


顧客

 スポット工事・単発の依頼

 職人さんの手配だけのご用命


 ※本の例
  ドリル(穴あけ機)が欲しいよ!

 

 

 

 


クライアント

 工場さんであればメンテナンスや

 操業を含めご相談頂く場合


 長期的に各地の工事を共に

 こなしていく前提の関係性である場合


 ※本の例
  穴が欲しいよ!

 

 

 

 

 

 


解決したい本質を

ご相談、ご用命くださる場合

 

 

 

 

 

 

 


私個人としては

 クライアントとして対応させて頂いています。

 

 

 

 

 

 

 


お声がけする際は、

愛を込めて

お客さん(〇〇さんっ)

と呼ばせて頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

相変わらず

説明を省略しすぎると

流石に訳わかんないですよね

(;´Д`A ```

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから