MENU

BLOGブログ

日常

物の提供をサービスとして捉える

2021.04.22

座標の話

 

 

経度と緯度で

 

 

ある程度、場所を特定できる

これはタテ×ヨコの要素が2つだから

2次元

 

 

 

 

 

私が座っている席は2階にある

この位置を特定するには高さも必要

タテ×ヨコ×高さ の要素が3つで

3次元

 

 

 

 

座標の価値や利用率みたいなものを出そうとすると

 

 

 

 

時間の概念も必要

 

 

 

 

この位置の何時~何時を測ろうとすると

タテ×ヨコ×高さ×時間 の要素が4つで

4次元

 

 

 

 

ビジネスを考える上では

 

4次元を意識した方がよい

 

 

 

建設業の管工事と呼ばれる仕事をしている当社は

 

 

 

 

物のない空間(座標)に

配管というものを設置する仕事

 

 

 

 

 

一定期間(数年、数十年)経過したら

取り外す。

 

 

 

 

 

 

その一定期間(使用期間)

水や空気の道を存在させること

 

 

 

 

 

その目的に対して

配管という手段を使うだけでございます。

 

 

 

 

 
4次元で自分の仕事を考えてみると

一期一会の意味や

このお客さんとこの時間にいることは

 

 

 

 

ホントに一瞬しかないし

2度目は違う時間

なので

 

 

 

 

 

 

仕事のやりとり

1回1回を

真剣に取り組むきっかけに

なってくれたら幸いです。

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから