MENU

BLOGブログ

日常

デキる職人さんがしない事 10選

2021.04.21

タイトルがなぜあんな感じかと言うと

 

 

 

カリギュラ効果という

心理効果を使いました。

 

 

 

何かというと

  〇〇するな!

みたいに言わると

 

 


人は興味を持っちゃう!

というもの

 

 


企業のホームページブログでは

抵抗がある表現ではあるので

使用を控えていました。

※他に控える所あるやろ

 

 

 

そんなこんなで

デキる職人さんがしない事 10選

(多いわ!)

 

 

1 聞こえない挨拶

 ※どうせ聞こえないなら、挨拶しない方が良い。

  せめて笑顔で会釈して!

 


  聞こえるからと言って

  朝礼台から

  ウーーッスって挨拶も

  魁!男塾かよ!

  とは思う

 


  わたしが男塾塾長 

  江田島平八であーーーる

 

 

 

 

 

 


2 工程後半の残業

 ※デキる人が行う場合は開始直後にする

  準備期間にノンキにしている人を見かけたら

  要注意

 


  高確率でハマります。

  ハマるのが好きなのだよ

  きっと・・・・

 

 

 

 

 

3 初日の遅刻

 ※一番印象を左右されるシーンであえて
 
  【VERY HARD】モードを選択しがち

 

 

 

 

4 工程が厳しい時に助けを求めない

 ※どうにかできないのにガンバっちゃう

 

  最悪な状況から人にパスすることが

  性癖な人が一定数存在する
  

 

 

 

 

 

 

5 約束を平気で破る

 ※「忘れた」という言い訳すらしない人は

  メモも取る。


  
  これからの時代は

  「信用を売る時代」

 

  信用を安売りする人も  
  
  その場凌ぎの言い訳も

 

  淘汰される運命にある。

 

 

 

 

6 嘘をつく

 ※6名の申告に4名で行く、なぜ連絡しない・・・

  実績もないのに、できると言い張る

  根拠はなく、勢いで乗り切る。

 

  見た目がデキそうで

  全くできないというキャラが結構多いので
  
  要注意。

 

 ※この手のタイプは虚勢は張らないものの

  いい意味で勘違いされる

  かわいそうなタイプ(ウソつきではない)

 

 

 

 

 

7 お金の話で手を止める


 ※デキない人は、追加が大好物

  自分の失敗は、ペナルティ無し

  他人のお金が、飯のタネ

  気を付けなはれや!!

 

 

  下請法もくそもない

  担当者ベースで

  捨てる神も、救う神も

  両方いるのがこの世界

 

 

 

8 いいかげんなお客さんの仕事を受注しない

 

 ※デキる職人さんは、

  デキるお客さんと仕事してることが多い

  追加出すからと騙されて

  作ってもらってみたものの

 


  ナンクセつけられ、

  支払いをしてくれないことを

  本部の偉い人は誰も知らない

 


  ビバ!

  ホワイト経営!!
  

※ これはフィクションです。

  心当たりがあっても問合せしてこないでくださいね。

 

 


9 道具を大切にしない


 ※デキる人は服も道具もキレイにしてるし

  大切にしている。

 

  よその道具をもって帰って来る人は

  自分の道具も大切に出来ない人

 

  道具を大切に出来ない人が

  人を大切にできるわけがない。  

 

 

 


10 自分より年下、経験が少ないと
   見るやいなやオラつく

 

  ※若いやつが定着しない

   だいたい 言ってる本人が原因です。

 

  
   これはオラついてるつもりはないものの

   自分も気を付けようと思う。

 


   絶対しないように

   年下の方にも「〇〇さん」と呼ぶようにしている。

 


   これは丁寧なのではなく

   勘違いをするきっかけになりやすいから

  ※この感覚は布教活動に苦労しそう

 

 

と色々挙げてみたものの


要ブラッシュアップ案件ですね。

 

 

 

人は口で言うほど変化を望んではいない

 

 

 


自分もそうですが

 

 

 

 

上記の10項目に1つや2つ共感頂けたものも

 

あったのではないでしょうか

 

 

 

 

 


長い物には巻かれつつも(巻かれるんかい~)


これらの悪習慣に抵抗していきたい。

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから