MENU

BLOGブログ

日常

ワークライフバランスを考える

2021.03.16

ワークライフバランスを整えたいという転職理由でよく目にします

 

ワークライフバランスを整えたい

 

 

仕事生活釣り合い(均衡)を整える

 

 

休みが増える事の釣り合いって
仕事でどのような状態になる事だろう?

 

 

 

 

24時間と言う時間で

--------------------------
8時間勤務の場合
ワークライフバランス

ワーク8
ライフ16
--------------------------
8時間勤務+4時間残業の場合
ワークライフバランス

ワーク12
ライフ12
--------------------------

みんなが言うワークライフバランスって
どっちなんだろう

 

単純に釣り合いだったら
12:12だと思う

 

 

これは、
経験上ワークライフバランスを主張する方は

 

残業が長いから
休みが少ないから

 

という方が多いので

時間

を切り口に考えてみました。

 

では
仕事の中身としてはどうだろう

中身とは
成果のこと

 

仕事の成果:生活の成果

これは

 

生活でなんの成果も出てないので
仕事も成果を出しません

仕事の成果が出ないので
生活でも成果を出しません

 

生活の成果
は何を指すのかよくわかりませんが

仕事のできる人は
生活も充実してそうな雰囲気が漂っている

 

 

結論、
ワークライフバランス
目的に転職をした所で、

そこの釣り合いを取るの
本人のさじ加減なので

生活をベースに仕事を調整されては
会社の仲間は、たまったもんじゃない

一生懸命に仕事をする気が無いのであれば

タスクライフバランスを1:2にしたい
と表現を変えてみてはどうだろう

タスク=人に言われたことを粛々とこなす作業
ライフ=おやすみは働くことの倍!

この表現なら
どこの採用担当もどの求職者も

言葉の行き違いなく
コミュニケーションが取れると思う

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから