MENU

BLOGブログ

日常

書く技術の話

2021.02.02

書く技術(ライティング)の話を語るには、未熟でごめんなさい。

 

 

そんなこんなですが(どんな?)

 


法人でブログを書かれる方も
増えてきていて

 

 


当社も
今後は専門性(配管関連)を出したコンテンツ(中身)を

 

 

増やして行こうと考えています。

 

 

 

そんな中、
ライティングの勉強を独学でしている訳なのですが

 

 

 

そこで学んだことが
書く技術 を ライティング と呼ぶこと

 

 

 

ライティングと言うと

 

 

 

証明を当てて、影を作ったり
レフ板当てて、影を飛ばしたり

 

 

そっち(Lighting)を考えてしまうくらい

 

 


writingの方に対して不勉強でした


その書く方のライティングも大きく2つに分けられるようで

 

 

 

WEBライティング
 デバイスを通しても読みやすい記事を書く技術

 スマートフォンに対して
 失敗している。。。

 

 

SEOライティング
 「検索エンジン Google に評価されやすい(上位表示されやすい)コンテンツ」
 にするために書く技術 

 俗にいうSEO対策と呼ばれるもの

 

 

が存在します。

 


実際には、
この2つを合わせた、ハイブリットな技術が求められるわけですが

今までSEOライティングを意識せずに書いてきたので

 

 

 

 

本を読んだら

 

 


日記のように量産するブログ記事は、

意味が無いどころかマイナス評価を受けることもあるそうです

ってワシやないかい!!!

 

 

 

 

しかしながら、

割と興味を持って読んで頂けたりする声も頂いているので

せっかくなら続けたいなと思います。(つд⊂)エーン

 

 

 

 

 

最近、文字数を正確にカウントすると

少し話が長いなと感じたので

ライティングにかけて、軽めの記事にしておこうと思います。

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから