MENU

BLOGブログ

日常

明日地球は滅びるとも、私は今日リンゴの木を植える

2021.01.29

明日地球は滅びるとも、私は今日リンゴの木を植える

 

ドイツの宗教改革者 
 ルターさん

 

の有名な言葉の一つ

 

 

 

今回書きたかったのは、

それを受けて、映画「感染列島」で言われた

 

 

例え明日地球が滅びるとも、今日君は林檎の木を植える
 参考:映画「感染列島」

 

これは、正直

グッとくるものがあった

 

 

どこが違うかって

 

私は今日 → 今日君は

 

ここの違い。

 

 

 

そもそもの解釈として

 

 

 幸せは何気ない日常の中にあり
 他者からの中長期的な見返りや成果だけでなく
 自ら見つけ続けることにある

 

 

 

 将来の希望を育てる行為が大切

 

 

 

 どんな状況に置かれようとも、
 私にできることは
 私の一歩を踏み出すことだけ

 

 

 今、自分にできることを
 精一杯やっていこうという決意

 

 

そもそもの解釈としてはしっくりきます。

 

明日地球は滅びるとも、私は今日リンゴの木を植える(意地を感じる)
明日地球は滅びるとも、今日私はリンゴの木を植える(ちょっと重くなる)
明日地球が滅びるとも、今日君はリンゴの木を植える(希望を託す)
明日地球が滅びるとも、君は今日リンゴの木を植える(はかなさを感じる)

 

この一文は、
太字の部分を入れ替えるだけで
イメージが全然変わる(   )で主観を書いてみた

考えれば考えるほど、感じ方が入替ったりします。

 

 

 

コレを議論してくれる方、

お気軽にご連絡ください!

 

 

 

一体何の募集なのか!?

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから