MENU

BLOGブログ

日常

【オンライン開催・第124回】ワイガヤサロン@TIP*S「今さら聞けないDX(デジタル・トランスインフォメーション)」

2021.01.24

【オンライン開催・第124回】ワイガヤサロン@TIP*S「今さら聞けないDX(デジタル・トランスインフォメーション)」


オンラインセミナーに参加した内容の方の記事でございます。
※昨日の記事が、その用語集的な内容でございます。

 


どんな内容かというと

タイトルの通り、

 

DXに対して色々わちゃわちゃ話しましょう!という
セミナーというとちょっと違う

 

最近流行のオンラインサロン的なものでした。
※むしろオンラインサロンなのか?

 

話になったお題として

・DXとITの違い
・DXと教育
・DXに対してのマインドセット
・DXと幸福論

などなど

 


DXとは
 業務プロセス(過程)の変化
 ビジネスモデルの変容
  をデジタル技術を使って実現する事

 顧客がどのように変わりたいかを実現する事

 DXは付加価値の創造であり、ITはそのツールに過ぎない

 デザイン思考×アジャイル

 トップダウンで推進されるケースが多いが
 これからは現場主導で実行すべきだ

 DXをしたい!が先行して本質を見失っているものだ

 DXにはナイスミドル(中間層)がCIOと現場の間に立つことが必要だ

 顧客のニーズを言語化して伝えることが難しいものだ

といった意見がありました。

 

 

特に共感できたのが

 DXをしたい!が先行して本質を見失っているものだ

 

 ITも!
 ISOも!!
 BCPも!!!
 SDGsも!!!!


 
 あれもこれも書類書類って
 (つくるんだけどねw)

 作ったこっちの熱量と同じ温度で読む人が何人いるんだ!?
 (読んでほしくないときもあるけどねww)

 

 

 誰が喜ぶために?

 何のために作ってるんだ?

 


 実態なんてどうでも良い

 書類さえあればそれが事実?

 


 そんな世の中に

 そんな大人たちに問う

 


 アンタら、何がしたいの?

 仕事してるフリ?

 


 
 と中二病的なコメントはこんなところにしておいて笑

 

 

本質を見失うどころか

本質を見ようとしない公的機関に嫌気がさしている今日この頃ですが

この内容は、電子出版を目指すので、その際はぜひご購読を!笑

 

 

話を戻して、


オンラインサロンで出た

いくつかのキーワードを書いてみる


 価値観の多様化と許容

 誰にとっての、どんな価値

 束縛からの開放

 これからの世の中に必要な人を育てる

 みんな「良かれ」と思ってしてること

 コレが正しいと思った時こそ、自身に「問い」を立てること

 好奇心を持ち続ける事

 

 


人の意見を聞いて、自分で2つの問いを立ててみた


 「これからの世の中に必要な人を育てる」
  
 これは、今の社会で活動している我々世代が考える

 「仮想未来に必要な人を育てる」

 に等しいと思う。

 


 であれば

 


 「今の社会で活動している我々」

 は、
 今は社会活動から引退している世代が考えた

 「仮想未来に必要な人」を育てたつもりでしょう?

 

 


 諸先輩方から見て、

  今の我々は、みなさんが思い描いた大人になれたのでしょうか?
 
  今の社会は、みなさんが思い描いた日本になれたのでしょうか?  

 

 


 きっと違いますよね

  こんなはずじゃなかったかもしれないし

  ごく一部の人は予定通りだと思っていることでしょう
 

 


全ての人は幸福になるために、産まれてきた。

これは間違いです。

 

 

全ての人は幸福にはなりません。

人の幸せは、人を不幸にすることで生まれるもの。

 


あたかも、

人間が腐っているような表現に聞こえるかもしれないけど

 

 

全ての人が幸せになるということは

幸福の多様性を認めるということ

 

「全ての」人....という

「全ての」について矛盾が生じてしまう。

 

 

少なからず、

人の不幸のおかげで幸福を感じる人が存在するからだし

今言っている、「不幸」ですら

人からしてみたら「幸福」になる場合がある。

 

 

つまり今の私一人が幸せにできるのは

せいぜい身近に居る一人か二人だと思っている。
※今のままで終わるつもりは毛頭ない

 

 

とは言え、

仕事を通じて

お客さんや仲間が喜んでくれる活動を

していきたいし、そうしている。

 

 

これは役に立つという貢献活動で

幸せになっているのは、自分なのである。

 

 

短期的な幸福を繰り返し享受しながら生きていくことで

他者に認められる人として

成熟していくのだと思う。

 

 


最後に質問で締めくくります。


 みなさんが一番幸せな瞬間はどんな時ですか?

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから