MENU

BLOGブログ

日常

シラナイコトバ

2021.01.23

【オンライン開催・第124回】ワイガヤサロン@TIP*S「今さら聞けないDX(デジタル・トランスインフォメーション)」

 

知らない言葉 いっぱいありましたー。

 

 

オンラインセミナー参加の報告書代わりに

初めて聞いた(聞いたことはあるけど説明できない)言葉を列挙しつつ

 

私なりの解釈を加えて、

書き連ねてみたいと思います。

 

【役職】

CIO(チーフ・インテリジェンス・オフィサー)
 情報を活用した経営戦略を作る人

レガシー
 遺産。という意味。
 今回のセミナーでは、
 レガシー=CIOであり、承認者であり、提案者であるという意見もあった。
 
以下の3点はセットでプロジェクトが進むそうです

・スクラムマスター
  システムを作る人を見る人(ディレクターっぽい)

・プロマネ(プロジェクトマネージャー)
  お客さんとやり取りする全体を管理する人

・プロダクトオーナー
  何を作るか考える人

デジタルネイティブ
 生まれたときからデジタルが普通にある世代の人々

【考え方(その他入り)】

デザイン思考
 こんなこといいな できたらいいな
 あんなゆめ こんなゆめいっぱいあるけど
 みんなみんなみんな かなえてくれる
 ふしぎなポッケで かなえてくれる
 そらをじゆうに とびたいな
 「ハイ!タケコプター」
引用:ドラえもんのうた
 
 まさにコレ↑
 デザイン=設計
  ということもあり、
 「どうなりたい」を考えるのがデザイン思考の第一歩のようだった
 

DX(デジタルトランスフォーメーション)
 顧客がどのように変わりたいか(中小企業診断士の先生目線)
 あなたは何になりたいですか?(これがDXのスタート)

 お墨付きを頂いた説明(わしが考えたw)
  例えるならば、
   ITとは酒である。
   DXとは酒を注いで、癒しの空間を提供する
   (サービスに変換させて商品自体で無いところに価値を生む)
 
  「空間」という価値創造はDXに例えられる。
 

STEAM(スティーム)
 Science(科学)
 Technology(技術)
 Engineering(工学)
 Art(アート)
 Mathematics(数学)
 
 教育方法の名前で、正しくはSTEAM教育と言うそうです。

 つまり理系の人を育てたいってことかな?
 散々文系を量産してきたくせにーーー

 理系出身なので思うのだけど
 よっぽど理系の人の方が文系だと思うけどね

 総合学習だとか、横断学習だとか
 本来そこは個々人の趣味や嗜好性で
 様々なアイデアの接続をさせるから

 多様化が産まれると思うので
 いきなり総合学習をするのは、
 アイデアが縮小すると思うんだよね

 とはいえ、
 STEAM教育を受けてない人間が
 とやかく言う事ではないので
 受けてから語るとしよう  

アジャイル
 「アジャイル」自体は、素早いという意味

 ここでいうアジャイルは
 IT分野におけるアジャイル開発という開発手法の名前である。

 要するに
  1~100までを計画を立てて、一気に開発するやりかたではなく

  1~5まで作ってみて、リリース
  6~10まで作ってみて、リリース
  のルーティーンの中に
  不具合があったり要望の変化があったら11~の内容を変更したりする作り方
  
  ちなみに先に挙げた、一気に開発するやりかたは
   滝に例えられることから、ウォーターフォール開発と呼ばれる。

 工事は元請さんがウォーターフォール開発で計画して
 実際の現場では、アジャイル開発に近い動きをすることが多い

ライフイズテック
 中学生・高校生向け IT・プログラミング教育サービスの名前

アフターデジタル
 オフライン行動がなくなる
 生活のリアルな行動が、すべてオンラインになる
 という意味だそうです。

 たとえ世界で生きているのが
 自分一人になったとしても、
 一人になったと気づけない、気づかなくてすみそうです。

OMO(Online Merges with Offline)←新しい考え方
 オンラインとオフラインを融合させた、商売すること
  INTERSPORTというスポーツ用品店(中国)では、
  お店にある等身大のモニターで、自分の顔をスキャンすると
  画面上で試着ができるという仕組みや商品情報を見れたりします。

020(Online to Offline)
 オンラインでアプローチして、
  オフラインへ誘導する商売の仕方

 ご近所にお弁当を販売に来る、ヴェリーヌさんもそうだし
  LINEやインスタでお知らせくれて
   移動販売にいらっしゃる

 Amazonさんが実店舗を出しました
  というのもこちらの話

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから