MENU

BLOGブログ

日常

【オンライン開催】<実践編>これからのデジタル変革時代を進む「マインドセット」の見つけ方(第1回)

2021.01.16

これからのデジタル変革時代を進む「マインドセット」の見つけ方


独立行政法人中小企業基盤整備機構
創業・ベンチャー支援部 創業・ベンチャー支援課さんが運営する


TIP*S(ティップス)

【オンライン開催】<実践編>これからのデジタル変革時代を進む「マインドセット」の見つけ方(全5回)

 

1/15(金)開催 に参加させて頂きました。

 

 


そこでの学びや気づきみたいなものを


報告書チック?に記事にしてみようと思います。

 


5回目スケジュールの都合で参加できないのですが(残念)

 

社会が変わる4大要素

・社会規範←これが一番変わりにくい
・法律
・市場
・システムや技術


そして社会規範が一番分かりにくい

 


社会規範ってなんぞ?
は以下の通り


~である。

~するべき。


同調行動とも置き換えられる。

 

例えば、

 

学校の先生は優しく丁寧であるべきである

というのが

恐らく2021年現在の社会規範

 


1990年代の社会規範でいうと

宿題をしてこなかったら

黒板用のデッカイ三角定規でゴンってされる。

 


別にこれで怪我をするわけでもないし

恥ずかしいと思う子もいれば

ゴンってされて笑いが取れるからオイシイと思っちゃう子も存在する

 


どこのどいつだーーーい?

って

ワタシだよっ!!

 

今更、30年前の社会規範に戻すのは難しい

 

でも30年で学校の在り方や先生の在り方

先生自体も変わった


と思う。

 


学校も先生も家庭も協力したらいいのに

義務教育を民間有料サービスと勘違いしている人も少なくない

 


まぁ税金払ってるから理屈もわからなくもないけど

それを言うだけの納税をして、社会貢献活動してるのか?

と聞いてみたくもなる

 


義務教育は社会保障です!!!

みんなで日本を良くするために学校を作っているんです!

 


それを理解している人は、日本は諸外国に比べて極端に少ないと感じる

 

 

 

諸外国と日本を比べる視点は、

従来持ち合わせていなかったのですが

 

 

 

たまたま、

ブレイクアウトルームでご一緒させて頂いた方が

オーストリアのウイーンからアクセスされていて

(30年ウイーンで生活されているそうです)

 

 

 

そんな欧米に居る方からの

興味深い意見として

 


「日本人は何か起きると一方向にワーッて行きますよね」

「欧米人は個人主義だから、大衆派は50%くらい」

「日本の文化について、日本人より学びが深いと思う」

 


ごもっともーー

 


でも言葉の裏を読み解くと

ムーブメントを起こそうと思ったら日本が一番適している!!

とも言えますね

 

 

個人主義はイイと思うけど

今の日本が真似したら、国がおかしくなる

 


子供も大人も自立している人とそうでない人で二極化しているからだ

社会保障という名のもと、

知っているけど何もできない人を量産した日本は

 


零戦特攻すらできない

通常戦闘も行わない

ついでに少子化

 


うーん、子供たちがかわいそう!!!

年金を使い込んだ人は大人は、もう居ないし

 


困った困った!!

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから