MENU

BLOGブログ

日常

みんな大好き無印良品さんが大幅増益

2021.01.10

みんな大好き無印良品さんが大幅増益(四半期決算の発表を拝見させて頂きました。)

 

参考:https://ryohin-keikaku.jp/ir/library/

 

 


知人のトレーダー(株式売買する人)と連絡を取る機会があり

 


チャートを見てほしいという事で
こっコレは空売りのエントリードキじゃないか!!!笑

※2021年1月8日の終了時点のあくまで個人の見解です。

 

 

 


しかし私は今の仕事が気に入っているので
トレーダーには戻りません。(毎日毎日銘柄見るのたいへんなんだよぅ)

 

 

 

 


それはさておき
元々システムトレーダーだった私は
ファンダメンタルズ分析は基本行いません。


※ファンダメンタルズ分析はニュースや会社の情報を参考に
 上がる、下がるを分析すること。

 

 


わたしの弟子が、軍資金3000万円以下で
ファンダメンタルズしてたら基本叱ります。

この額には明確な根拠ございます。

 

 


それた!
また話がそれた!!

 

 

 


戻すと...

 

 


良品計画さんが

2020年9月~11月の決算を発表されました。

前年比 46%増加!
営業利益 黒字転換!

コロナなのにすげぇ!!

 

 


調べると
決算期を2月から8月に変更してるんですね

※これは何かをいじるというより
海外事業とのズレを解消する意図があったそうです。

 

 

 


今回の発表は四半期決算というもので
2020年9月1日~2020年11月30日の期間


2020年3月~5月はコロナの影響もあり
赤字を発表している


そこからグイっと回復(V字回復)している

 

 


このことについて、
色々記事を読んでいくと
共感できるポイントがあった。

 

「値下げ販売の抑制で大幅増益」

 

という見出しを見かける

 

 

 

 

 

つまり、

厳しい状況になりながらも

自分たちの価値を信じた
(価値を下げなかった)

と言える。

 

 

これはただ、

売値を下げなかった

という単純な話では無い。

 

 

この後の話は、

以前 

関東事業所長とお弟子さんがしていた

お客様への価値還元の話

誇張し、尾びれ、背びれをつけて語らせて頂こう

 


例えば


定価が1000円のものを売る時に
原価が600円だったとしよう

原価を500円に下げることができたら
定価を900円にする人が居る


気をつけてほしい

 

 

原価と同額下げるという行為は、一見お客様目線かもしれない。

断言しよう

それは違う。

 

 

なぜなら
原価を低減させた本人の努力が無価値だからだ。

 

原価を100円下げて
定価を100円下げる

 

こんな人が給与を上げて下さい
と言ったら皆さんどう思うだろう
(幸い当社には一人も居ない)

 


じゃあ正解は?という話になるが

 


私は下げない。
品質を上げる方に差額分投資をする。

※ここは、当社の場合、十人十色の答えが出るだろうw

 

 

それが
 優秀な人の採用になるのかもしれないし
 お客様がふと言った「名新さんにアノ設備あったらいいのにな」を実現させていく
 工事の期間を短縮する事で、お客様に安心と感動を与える。

 

 

 

お気づきの方から居るかもしれませんが

 

 

 

結果的にお客様のコストダウンにも直結するのです。

 

 


特に、

「配管工事」を主力事業にしている当社は

目先の自分達の価値を下げてお仕事を頂きに行く行為ではなく

竣工(工事が無事終わる事)を実現するべく

お客様と同じ志を持ち、お客様へより高いパフォーマンスで還元する事

 

 

 

 


それが、

当社でいうところの価値創造であると思っている。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから