MENU

BLOGブログ

日常

身の丈に合った仕事しよう

2020.12.12

寿司ネタにこだわって高くするか手頃な値段を追求するか

 

 

 

という質問に

 

 

 

 

堀江貴文氏はこう答えている

 

 

 

 

お客さんの懐を心配するより、自分の腕を発揮した方がいい。

 

 

 

 

 

 

これからは情報の流通量が増え
SNSでのキャッチアップもしやすくなります。

 

 

 

 

 

ただし、
ここの情報について

 

 

 

 

建設業はきっと他産業に後れを取る。

 

 

 

 

 

システマチックな外資系のノリは遅れて勝つ。

 

 

 

 

 

 

先端技術は開発費に巨額な資金を投下できる
業界トップランカーが行ってくれているので

 

 

 

 

 

我々は素直に恩恵にあずかるべきです。

 

 

 

 

 

 

冒頭の、
お客さんの懐を心配するより、自分の腕を発揮した方がいい。

我々のお仕事に当てはめると

 

お客さんの予算(自社の原価もそう)を探るよりも、自分たちが最適化できる現場を受注するべきだ。

 

と置き換えてみた。

 

 

 

 

 

 

 

また話はそれますが

ワタシが組織するチームに必ず言うことがある。

 

 

 

 

個人での仕事は
 クイックスタート:立ち上がりや取り掛かり遅い人最悪
 クイックレスポンス:即レスのインパクトは使いどころを見極めて徹底

 

 

 

チームでの仕事は
 フロントローディング:全エネルギーの8割を工程の最初2割に投下する。
 目標設定:共通認識と個別目標(通過地点)を伝える事
 進捗把握:誰がどの位置を走っているか理解しその状態を活かすこと

 

 

 

 

 

全部を伝えたことは当社ではまだありません

 

 

 

 

 

 

基本スタンドプレイさせていただいているので

 

 

 

 

 

 

なぜ、話をそらしてまで
この話をしたかというと

 

 

ワタシ個人の強みは

情報を利用したマッチング
コミュニケーションコストの省力化

この2本立てです。

 

 

 

 

 

 

具体的には
 
 他のメンバーとは現場調査が違う

  と思います。

 

 

 

わたしは現場の専門的な知識は乏しいですが

 

 

 

 

1行で伝える伝達力
強制視認させるコミュニケーションツール

 

を武器に

 

 

 

 

要所を
 見ていただき
  その場で解決策(方法論)を答えて頂き
   方法論を絵に描き ←だいたいここでツッコミ入ります。
    誰が 何を 準備する のかを書きます。

 

 

 

 

原本は
 お客様・職人さんに見ていただきながら
  まとめを話する←だいたいここでもツッコミ入ります。(漏れ防止)

 

 

 

 

 

会社に戻ってからすること ←これもハッキリ伝えます。(大したことはしません)
 メモ原本はPDFに保存
  お客様・職人さんに「それぞれ準備いただくもの」としてFAXやメールをします。
  ※特に進捗のあるものは【済】や〇/〇に回収予定など、動きが分かるものにします。

 

   お客様・職人さんがそれぞれ社内展開するときに、
   何の手を加える事なく転送するだけでよい工夫をします。←ココが秘伝

 

とはいえ

 

 

 

 

 

この手法は

わたしのスポット、短期現場向きであり
対エンドユーザー向きといわれる所以かもしれません

 

 

 

 

 

当社の主力事業の

 3~6カ月クラスの工事には向きません

 

 

 

 

 

なぜなら

 バックオフィス業務の負担が大きい

 

 

 

 

当社としては、
現場メンバーの事務作業の省力化を掲げているので
真逆の取り組みではある訳です。

 

 

 

 

 

というより

バックオフィス業務の人間が現場管理をするための手法
といっても過言ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

挑戦も大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

身の丈に合った仕事を理解することも

社員のモチベーション管理には大切な要素かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

ワタシ個人としては
30%~60%出力が一番いい仕事が出来ると思うんですよね

 

 

 

 

 

 

残りで何をするかって?

 

 

 

 

 

 

仲間やお客さんを気に掛ける

これを常にやることに神経を使いたいからです。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから