MENU

BLOGブログ

日常

配管工事を早くするために必要なコト

2020.12.10

配管工事を早くするために必要なコト

 

 

 

 

100%当社の話で恐縮です。

 

 

 

 

先日、工場長・若手のエース・総務なワタシの3名で

ZOOM会議のテストを兼ねて

 

 

 

 

配管工事を早くするために必要なコト

 というテーマで40分ディスカッションしました。

 

 

 

 

結論としては

 

 

 自動溶接機

 パイプシェーバー

 大型ポジッショナー

 

 

を買いたいね

 という話に落ち着きました。

 

 

 

 

 

※製作のみに焦点を当てた時の結論です。

 

 

 

 

 

 

その中で、

出てきた話をブログに載せておこうと思います。

 

 

 

 

 

まずは、

配管の材質は何を使うのか

溶接の仕様はどうなのか(指示があるのか)

 

 

 

 

ある程度

 SGP黒であれば、蒸気系統

 SGP白であれば、エア・水系統

 

 

 

 

という

 一般的?業界の当たり前みたいな部分もあり

 

 

 

 

 

製作における生産性の向上は

 道具や設備の強化が不可欠だという話になりました。

おっきなターンテーブルのある工場がうらやましいw

 

 

 

 

 

 

そうそう

 白管のメッキはがしが、めっちゃ大変で

 小口径(細いやつ)のものは

 

 

棒グラインダーという、
パラソルチョコみたいなので、

 

 

 

 

 ギュイーーーーーンって

 

 

 

 

 やらないと、

 配管の内側のメッキがはがせないので

 

 

 

 

 パイプシェーバーあると良いなとのことでした。

 ※TIG溶接の下準備で必要なんですねぇ

 

 

 

 

 

 

工事の工程の短縮方法についても

 意見は出ていて

 

 

 

 

世界のAOKIモデル

 というのがあって

 

 

 

 

 どういうものかというと

 

 

 

 

 フランジなどの継ぎ目を減らす

 

 

 

 ことで、

 

 

製作の溶接カ所数をを削減する

 

 

 

 という目から鱗の斬新なアイデアがあるそうです。

 ※ワタシは強く賛成する!!!

 

 

 

 

 

 ただ、

 弱点もあって

 

 

 

 

 1つの配管(ピースと呼ぶ)←流通業界でいうと1SKUですわ

 

 

 が

 

 

 サイズアップします。(大きい・長い・重い)

 

 

 

 なので

 

 

 

 取付がめっちゃ大変で、メンテもしづらい

 

 

 

 という側面も持ちつつ

 

 

 

 

 取付てピッタリ合った時の感動は他の比ではないそうです。www

 

 

 

 

 

 もうそうなったら、建造物自体 ユニットにしたいです。

 

 

 

 

 

 宇宙で作ってから

 

 地球に降下させる建築方法ができれば

 

 土地にも困らないし

 

 一夜城が現実のものになりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 大気圏突入時にいくらか燃えそうだけど…

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは
インパクト問題が話題にあがりました

 

 

 手締めにするメリットは実際に大きくて

 

 締め忘れ等の防止に圧倒的な効果を発揮するらしく

 

 インパクトだと「片締め」を起こす可能性もあり

 

 キチンと対角でボルトを締めて行けばいいところ

 飛ばしてしまう方も中にはいるから

 

 

 

 

 気を付けておかないといけないという話もでました。

 

 

 

 

 

わたしとしては、

インパクト→トルクレンチ

でよほど問題解決できると思っていましたが

 

 

 

 

現実、現場では

 そんなに簡単な問題ではないと勉強になりました。

 

 

 

 

 

ノーラエンジニアリングさんのCFジョイントは

 フランジのボルトの数を減らす

ということを実現しているので

 

 

 

 

 

現場の工程を早めるためには

 いいアイテムですよね

 

 

 

 

 

という話をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

各社さん現場のニーズをキャッチアップして商品開発をされていて

我々製作&現場部隊も頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ、

 設備を買って、生産性を上げて、お客様に還元していこう

というお話

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 当社には、

 

 

 

 

フレア加工機

大型バンドソー

ユニットワーカー(多目的型鋼加工機)

 

 

 

 

がございます。

 

いつでもご用命を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書いてて思う

 

今日のブログいつもと違う感じwww

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから