MENU

BLOGブログ

日常

イノベーター理論改

2020.11.27
イノベーター理論とは新しい商品・サービス、ライフスタイルや考え方
が世の中に浸透していく過程を5つの人のタイプに分ける
考え方の一つ
 
 
 
 
イノベーター理論の5つのタイプ(我ながら例えがヘタクソ!)
 
 
 
 
 
イノベーター(革新者) 出現率:2.5%
 最初に、製品やサービスを採用する人
※アレクサ!音楽かけて!をすぐ実現した人
 
 
 
 
 
アーリーアダプター(初期採用者) 出現率13.5%
 これから普及するかもしれない
 製品やサービスにいち早く目をつけて、
 購入する人
※ドローンが主流の仕事が増えるとドローン学校に行く人
 
 
 
 
アーリーマジョリティー(前期追随者) 出現率34%
 情報感度は比較的高いものの、
 新しい製品やサービスの採用に慎重な人
※PayPay知ってるけど、個人情報大丈夫?っていう人
 
 
 
 
 
レイトマジョリティ(後期追随者) 出現率34%
 新しい製品やサービスについては消極的で、
 なかなか導入しない人
※スマートフォンに替えたくない!
 っていうガラケー(ヒューチャーフォン)の人
 
 
 
 
ラガード(遅滞者) 出現率16%
 製品やサービスがただ普及するだけではなく、
 伝統的、文化的なレベルまで
 その商品を採用することが
 一般的にならないと採用しない人
※お茶やお水にお金出すのを未だに渋る人
 
 
 
 
 
 
それに加えて、私の意見は
インベンター(考案者)
 製品やサービスを思いつく人
※スマホのGPS(位置情報)でタクシー呼べたらイイヨね
 
 
 
 
 
を加える事
 
 
 
 
 
これがイノベーター理論改(自論です)
 
 
 
 
 
つまり、
ベースとなるイノベーター理論は
あくまで
 
 
 
あるものを活かす
 
 
 
 
理論であり
 
 
 
 
ないものを作る
 
 
 
 
0→1の思考は除外される点が気になったので
イノベーター理論改として
商品開発や市場開発について今後考察していきたい
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに
当社の社員はアーリーアダプターが多い
ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから