MENU

BLOGブログ

日常

議事録のチャット形式残しをしたい

2020.11.26

議事録もSNSで主流の
チャット形式で残したほうが

 

 

 

読みやすいしおもしろい

 

 

 

キチンとした文章を残すことが目的なのか

内容を一人でも多くの人に伝えることが目的なのか

 

 

 

そんな観点で、いつも議事録を読んでいます。

 

 

 

それとは別ですが

 

 


おもしろいやりとりがあったので
LINEからテキスト形式に掃き出して

 

 

 

読んでいたら

全く面白くない

 

 

 

データ

として残すものと

 

 

 

読み物

として残すものは

 

 


表現を変えないとダメだと思いました。

 

 

 


データと残すには
アイコンより名前や投稿時間が、明記されているほうが
証拠として提出しやすいし
文書編集(コピペ)など

 

 

 


ちなみに私のお母さんは
コピペをずっとコペピと呼んでいました。

 

 

 


逆にムズイわ

 

 

 


とはいえ今のチャット形式を考えた人は頭がイイ

 


見やすいし

 


話し手が一発視認できる

 

 

 


この一発視認が大事。

 

 

 


私はしばしば主語を入れずに
相手を困らせてしまうことがある

 

 

 


これを俗にザ・ワールドと呼んでいる
自分の世界を他人も当然知っているかのような
会話の展開をする

 

 

 

帝王学を収めた人々の
会話の仕方だ

 

 

 

これは普通に
良くない。

 

 

キチンと伝える事

 

 

これがコミュニケーションである。

 

 

 

たまに受け手が勘違いして
どっかに行ってしまうことがあるが

 

 

 

自分にも言えることだが
話は最後まで聞いた方が良いし

 

 

 

話は過去の事柄が多いし

自分に関係のない相手の過去は

 

 

 

正直どうでもいい。

 

 

 

だから相手に関係のない

自分の過去は関係ないと思っている。

 

 

 

 

この時点で私は

思考のザ・ワールドから抜け出せていないのかもしれない

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから