MENU

BLOGブログ

日常

求人票を考える回 みんなの入社動機

2020.11.26

わたしは、当社社員の入社動機を聞くのが好きです

もちろん職務的な側面もあるけど

 

 

 

人を理解することが好きなわけです。

どのくらい好きかというと

 

 

 

 

ニャンちゅう先生と同じくらい

その人の着ぐるみを着るイメージなくらい(イタコ)

 

 

 

 

 

 

わたしの聞いた当社社員の当社への入社動機

★は2名以上が同じ回答のものです。

 

 

 

 

 

 

★社長と友達だった

★〇〇さんに誘われて

 ××さんと一緒に仕事したくて

 この会社は売れると思って

 溶接士になりたくて

 ハロワで見つけてなんとなく

 職人さんになりたくて

★エージェントさんに勧められて

 とりあえず就職しようと思って

 会社の理念に共感して

 安定してそうだから

 

 

 

 

 

 

上記の内容をもとに

 企業の魅力分析 

4つのカテゴリで評価していこう

 

 

人に関わること

 社長・社員によるリファラル採用(社員紹介)
  →ある程度当社の認知、興味は獲得できているところからスタートしている

 この会社は売れる ←というのは私の動機
  →自分だから解る、売れる理由は中にいる人のコトを言ってました。

 

 

 

仕事に関わること

 〇〇になりたい系の人はここ
  →体験していきたい、業務や職種を実現してくれています。

 

 

 

 

待遇に関わること

 しいてあげるなら、安定してそうという意見

  →ほぼこのカテゴリはみんな意識として低めな印象

 

 

 

 

事業に関わること

 理念に共感して入社したと答えてくれた人が居ましたので
 その人の分はコチラ。
  →会社の方向性やビジョンは今世の中で求められていることですが
   入社する人にとっての決定打にはならないように感じます。

 

 

 

 

ペルソナ設定

とは言われるのですが

 

 

 

専門職のペルソナ設定は難しい

 人軸 → 資格軸

に焦点がズレがちで

 

 

 

 

ペルソナってのは

応募者の方の会社への親和性を高めるために
(要は、相性良い人に出会いやすくするために)

 

 

 

 

...出会いか

名新のジャスティンに相談しよう。

あの人、プロだったわ

 

 

 

 

 

それはさておき

 資格ベースのペルソナ設定となると

 

とりあえず

 管工事施工管理技士

 

という答えが出てくる。

 

 

 

ただ

一口に、

管工事施工管理技士

といっても

 

 

 

 

 

具体的なスキルが

 プラント配管 (自動車、食品、飲料、化学、半導体、機械工場など)

  ユーティリティ配管(水、空気などの一般的なインフラ系統)
  プロセス配管(お客様の工場の原料や、薬品など特有のものを流す系統)

 

 設備配管 (駅前の高層ビル、病院、物流センターなど)

  空調配管(エアコン)
  衛生配管(おトイレや給湯室など)
  消化配管(スプリンクラーなど)

 

現場経験者は当社との相性が良いです。

 

 

 

 

 

具体的なキャリアを

 言語化するのは難しいですが

 

 

 

・〇〇ができる人(スキル)

・具体的な仕事内容(経験)

・〇〇な会社に所属したい(人物像)

・楽しく働きたい(志向性)

 

 

この辺りを明らかにしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ワタシの個人的な指標は

以下の通りですが

 

 

〇:ワークエンゲージメント(陽キャ・働くの楽しい)

〇:リラックス(陰キャ・働くの楽しい)

△:ワーカホリズム(陽キャ・働かないといけないから仕方なく)

×:バーンアウト(陰キャ・働かないといけないから仕方なく)

 

 

 

 

 

正しくは

 

 

 

 

〇:ワークエンゲージメント(陽キャ・働くの楽しい)

〇:リラックス(陰キャ・働くの楽しい)

〇:ワーカホリズム(陽キャ・働かないといけないから仕方なく)

〇:バーンアウト(陰キャ・働かないといけないから仕方なく)

 

 

 

 

 

 

こうなんじゃないかと思い始めています。

 

 

 

 

 

 

能力 と 成果 に相対性はない。

 

 

 

 

仕事 というのは

人的なリレーションシップである

 

 

 

 

 

であるならば、

自身が0にならない限り

組み合わせ次第で

成果は期待できる。

 

 

 

 

 

ということ。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから