MENU

BLOGブログ

日常

キャリアビジョンを答えて下さい

2020.11.19

キャリアビジョンを答えて下さい

 

という質問は

 

その人のキャリアビジョンが

どうのこうの批評するというより

 

・意図的につくりに行くキャリア(計画的・登山的)

・結果的にできてしまうキャリア(出たとこ勝負・トレッキング的)

 

のどちらのキャリアタイプかを見極める質問として使用する。

 

 

意図的にキャリアを作る事に

成功すると

 ・一点集中のその道のプロになる

失敗すると

 ・ずっと浪人みたいな生き方になる

 ※これは他に天職があったかもしれない

 

 

結果的にできてしまうキャリアで

成功すると

 ・過去の点が繋がった時にイノベーションを起こせたりする

失敗すると

 ・タダの続かない人

 

 

 

結論

 続ける、続かないは争点ではなく

 成功するか、失敗するか

 がポイントになる。

 

 

当社の仕事に当てはめてみると

配管工の職人さんが

キャリアを意図的に作る
 ・ボイラー溶接士の資格を取って、溶接技術を高める
 ・職長の資格を取ってリーダーになる
 ・現場でねじ配管をしないといけないので、ねじ切り機の使い方を覚える

結果的にできてしまうキャリア
 ・タンクを製作して、製缶を覚える
 ・機械系のお仕事を手伝いにいって、ベアリングの扱い方を覚える

 

キャリアというと

大きな話に聞こえてきそうですが

経験

と解釈して良いと思います。

 

 

 

キャリアとは、

継続的な過程生き方を指すという意見や

 

 

 

時間的持続性ないしは継続性を持った概念 

と厚生労働省さんは定義付けしています。

 

 

 

 

 

個人的には生き方という解釈が一番しっくり来ます。

 

 

 

 

 

なので履歴書を見てもその人の本質は分からない
とは良く言いますが

 

 

 

 

頑張っていない人の履歴書は
見れば分かるし

 

 

 

何が原因で上手くいかないのか

どんな時に何を思うか

 

 

 

 

手に取るようにわかってしまいます。

 

 

 

 

 

ただ、どんな人であれ

期待値を加味して採用は行われるため

 

 

 

 

 

採用ミスは起こり得ます。

 

 

 

 

 

 

特に最悪のパターンは

 求職者の人生を真剣に考えない面接官

 会社の事なんてなんとも思っていない求職者

 

 

 

 

 

この組み合わせは最悪で

 お互いを大切にできない

 お互いに興味がない

 

 

 

 

 

 

業務的な採用活動はこれが良く起きる。

 

 

 

 

 

これまで出会った人には

 イイ人でも、ご縁が無かった人もいます。

 

 

 

 

 

入社していたら

今、活躍しているしている人も居たかもしれない

 

 

 

 

 

 

でも、

共通していたことは

チャンスをつかみに行ける準備をしてくる人は少ない

 

 

 

 

 

当社は、

 オフィスが築3年であったり

 洋楽が流れていたり

 笑いの絶えない職場だったりします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントであり

ホンネなのですが

そんな簡単に入れる訳ないじゃないですか

 

 

 

 

 

 

 

仕事の時は、集中して成果を発揮できるから笑える

 

 

 

 

 

 

例えるなら

 良い服を見つけたら即決で買えるか

 

 

 

 

 

当社のメンバーは

 次に来てあったら買おう

という人はきっと少ない@勘

 

 

 

 

 

 

イイと思ったら即買い

 

 

 

 

そんなタイプが当社には合うと思う。

 

 

 

 

・決断力

・判断力

・行動力

 

 

 

キーワードかもしれません

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから