MENU

BLOGブログ

日常

定年後の再雇用6割を切ると「不合理(違法)」という不合理

2020.10.30

定年後の再雇用について、
同じ仕事で基本給が定年前の6割を切ると「不合理(違法)」だと
名古屋地裁が判決を下したそうです。

 

 

ここからは、この記事を浅く理解した人が

不勉強を棚に上げ

むちゃくちゃ言う回(いつもじゃん)

 

その点をご理解頂き読み進めて頂きたい。

 

 

 

 

 

取り急ぎ、私の見解としては

 

 

 

 

 

 

アホか!!!


※重ねてお詫び※

 すみません、記事をしっかり(背景まで)理解はしてません!
 けど言います! 言っちゃいます。

 

 

 

 

 

 

ただでさえ、
中小企業は厳しい状況なのに

 

 

 

 

 

経営者の賃上げモチベーションを下げるような
判決はやめて頂きたい!


※自分が経営者で、
 慎重な性格なら将来を見据えて
 抑えておこうってなるやん

 

※連鎖的にスタッフのテンションも下がるやん
 若い人より成果の出る人ならイイケドさ

 

 

どこにでもいる

口だけ動かして、

全く動かないプロフェッサーは

中小企業に不要だ

 

 

 

 

 

ホント
もっと後先考えて判決出してほしいものです。

 

 

 

 

 

そもそも
この訴訟起こしてる人たちは
定年を迎えられた「紳士」達なわけで

 

 

 

 

今の若い人は知らないでしょうが

お金を湯水のように使えたバブル期を経験している人なのですよ

 

 

 

 


つまり、そもそも給料が高い人たちと言えると思う訳です。

 

 

 

 

 

今後さらにシニア世代の雇用が増えていくことを考えると、
マイナス方向に、大きな影響を与える判決

 

 

 

 

今更、年功序列的な賃金制度を
廃止しても意味がない

 

 

 

 

甘い汁を吸い終わった世代は
勝負を降りているのだから

 

 

 

 

しかしながら、暴論ですわね

(そこは認める、ちゃんと調べても同じこと言うかもですけど)

 

 

 

最近WEBセミナーで知り合った?

@お薬手帳

とZOOMの名前に付けちゃう人とは

 

 

 

ゆっくりお話してみたいと思っている。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから