MENU

BLOGブログ

日常

秘儀伝授 営業の技術

2020.10.17

入社半年の新卒の営業さんと話をする機会があり

 

 

 

イイ感じに愛社精神の無い方でした笑

※そんな人の愚痴が大好物www

 

 

 

 


まぁ世の中の大半そんなもんだよなー

って思っちゃいました。

 

 

 

 

 


話を聞いていて思ったのですが

 

 

 

 


営業の本分を

論破することと勘違いしている上司

がいる会社はキツイよなー

 

 

 

 


筋道を通す、ロジカルシンキングができていれば

結果的に論破できてしまうことはあっても

 

 

 

 

 

論破したからと言って

お客さんが喜ぶことはないし

 

 

誰も得しないんですよね

 

 

 

 

営業の本分は

お客さんに好かれること

であり

 

 

 

 

 


真髄は

 

である

 

 

 

 

本物の営業さんは、この意味が分かると思います。

 

 

 


意味が分からない人は


モノだろうと、サービスだろうと

売れちゃうことはあっても

売ることはできないんですよね

 

 

 

 

 

値引き合戦を企業努力という名で

仲間の努力を安売りする人は

 

 

 

 

 

目の前で家族を殺されてみたらいいと思う。

※きっと、それでも平気な神経なんでしょ?

 

 

 


というくらい

もっと真剣に考えた方が良いと思う。

 

 

 

 


総務は非生産部門だからと平気で言っちゃう総務にも

同じことは言える

※過去の会社で言われたことがあるセリフ

 

 

 

 

本当に何も生産してないと思っているのなら

※自分の役割を認識できていないなら

 

 


さっさと辞めてボランティアした方が地球のためだ

 

 

 

 

 


私は私が参列したことのある

お葬式で泣く人の大半が嫌いだ

 

 

 

 

 

なぜなら

お年寄りの、

お葬式ばかりだったのだが

 

 

 

 

 

みんな泣いていた

 

 

 

 

 

 

 

ロクに見舞いも行ってない人が

 

 

 

 

 

何の涙なの?

雰囲気で泣けるの?

俳優なの?

 

 

 

 

 

 


それとも忘れっぽいの?

 

 

 

 

 

 

 


人は感情の生き物であり

感情で意思決定をする

 

 

 

 

 


人を動かす

唯一無二であり最大のエネルギーは

なのである。

 

 

 

 

 


だからやれることをやり切って


それでも悔いが残っているのなら


そこで泣こうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、うちの会社は


仲間の背中を見て感動して泣いてしまう時がある。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから