MENU

BLOGブログ

日常

くいしんぼうな話ではありません。

2020.09.29

ダメな店員論

感じの悪い対応をされたときに

この店ダメだな

って思った(言った)ことありますか?

※アイコンがポテトですがマックさんの話ではありません。
※今は禁止されていますが、私はまぁまぁのマックユーザー

 

 


それ、

正しくは、

その人がダメなだけで

そのお店がダメとは限りません。

 

 


もちろん、

教育や風土がそうさせている場合もあるでしょうが

全てを環境のせいにするのはおかしくて

 

 

 

だったら、

劣悪な環境で、とても爽やかなサービスをする人が

もっと目立ってしかるべきだと思う。

 

 

 

世の中のサービスに求める平均点が高すぎる割に

客のモラルは赤点(平均点の半分以下)の人を

しばしば見受ける

 

 

別の切り口として

態度の悪い人が居ても

長年お客さんの入っているお店の存在を無視できない

 


つまり

サービスレベルの低い一人を他の人や企業がカバーしている

サービスレベルの低い人を介してでも
 手に入れたいサービスや製品がある

サービスを受ける側のモラルが低い

 

 

 

おおかた

この3つのどれかに当てはまるのではないだろうか

 

 

 

昨今、

クチコミはインターネットでの絶対条件のようになっている

しかし昔の口コミとは意味が違う

知っている人が教えてくれる、口コミ
知らない人が言っている、クチコミ

これを同等に扱ってしまっては

真実にたどり着くことは難しいだろう

 


例えば、

明らかに趣味の真逆な知人が、あの店良いよ!

と言ったら、期待値は低いし

 

 

趣味が合う友達に、あの店良いよ!

と言われたら、期待値は上がる

 


その逆もしかり

明らかに趣味の真逆な知人が、あの店良くないよ!

と言ったら、期待値は低くくない

 

 

 

これも情報の中から

正しい情報と

間違った情報を

見分ける

の一つなわけです。

 

 

 

真実はいつも一つ

真実の受け取り方が人によって違うだけ

何かに迷ったときは

 

 


自分の価値観に意固地にならず

静かな水面のような心で

冷静に真実を見つめてみよう

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから