MENU

BLOGブログ

日常

プラント配管の設計の流れ

2020.09.09

プラント配管の設計の流れ

【基本設計部門】

プロセス設計
  ↓
  ↓
配管基本設計

 プロットライン:機器の配置図に配管の道筋が書いてある「プラント」の基本図面

 P&ID:機器→機器 流れの向きや計器(はかるやつ)類も書いてある「配管」の基本図面

 配管仕様書:これ使ってね、こう作ってね のルールが書いてあるもの
       たまに全部英語で書いてあったり、
       お客さん独自の表記で抜粋で送られると、
       何が何を指すか書いてなかったり
       聞いても教えてもらえなくて、切なくなる時がある書類

 配管クラス:重要度、設計圧力・温度などにより
       クラス分けしてどんな材料を使うかあらかじめ決めておくやつ

 ラインリスト:P&IDの中に書いてある、それぞれのラインの番号リストであり
        ライン番号ごとに管の口径、厚さ、設計圧力/温 度、配管クラス、保温/保冷
        が書いてある一覧のこと。

 弁リスト:弁は大切で、間違えるとエライこと。
      特注品を注文し忘れると尋常じゃなく迷惑がかかるけど
      忘れる人は割と平気なことが多く、周りが助けても大して感謝もされない
      世の中の世知辛さを思い知らされる
   ↓
配管詳細設計
 計画設計:配管ルート(レイアウト図)

       機械設計の方々
       配管工事の方々(当社)
       土木・建築の方々
       電気・計装の方々
       空調の方々(当社)

        と

       標準流速
       管口径・厚さ
       圧力損失
       管強度計算
       配管フレキシビリティ解析
       ハンガ・サポート計画

       こんな話をして決めます。
       


 詳細設計:配管組立図

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 
 ※主にこの後が主たるお仕事です。今は

   ↓
材料集計材料調達→材料が工場に到着
アイソメ図(レシピ的な製作図的なもの)→製作チームへ
   ↓
プレファブ加工開始内作と呼んだりします)
   ↓
据付(取り付け)

 

 

 アイコンの意味?

 

それは営業中って意味と

 

「今は」って書いた部分

 

扉を開いて行きますよ

 

 

っていう伏線。

 

 

を引いた瞬間言ったら

 

 

 

伏線にならない!

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから