MENU

BLOGブログ

日常

卒業論文と今のビジネスを結びつけてみる

2020.08.23

10年以上前に書いた卒業論文の内容を簡単に


卒業論文のテーマ
ディスコ系クラブのマーケティング(改)

今の時代
簡単に特定されるので
さすがにタイトル変えますが...


この時、
名古屋とその他地域を比較していて

マーケティングで言うところの
チャネル戦略(立地)

考慮すべき
名古屋という市場の特性


名古屋の顧客:箱(お店をハコと呼ぶ)につく
その他地域:DJにつく


具体的に言うと名古屋の夜遊び人は

 オゾンの〇〇君
 アビームの△△さん
 JMAXの××さん
 IDの〇〇ちゃん
 エンポリアムの〇〇さん

こんな感じだった
※時代めっちゃわかるじゃろー


その他の地域の夜遊び人は

 DJ〇〇さんのファン
 DJ××くんのファン

と言った感じだ


当社で、

このチャネル戦略に近い現象が起きている

 名新パイピングだからお願いする

既存のお客様の一部や新規のお客様は

名古屋スタイルに当てはまる

比較的多くのお客様が


〇〇さんだから仕事を任せる

△△さんとお仕事をしたい

しかも営業職、施工管理職、職人さんなど

役職に関係なく起きている


こういった動機でお仕事をさせていただける方々を

「ファン」という言葉で定義付けをする


前述の「お客様」と「ファン」との大きな違いとして

動機が、

お客様
・仕事を完了させるための外注先に位置づけされている方々

ファン
・当社に所属する人を応援してくれるために仕事をくださる方々

ここはハッキリと認識をして


ファンをもっともっと大事にした方がイイ。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから