MENU

BLOGブログ

日常

タイミングは大事~リモートワークの進捗報告

2020.08.07

休みの直前に久しぶりの連絡してくるやつ基本やる気ない説


自分が明日から休みだからメイン顧客の対応終わってるのか

 

数か月前、話したきり、

ほったらかしにしておいて、

 

 

久しぶりアポイント取るのが

休み直前って

なんとも思われないと思ってるんですかねぇ

 

 

こっちは、世間がお休みの期間も

頑張ってくれている、みんながいるっちゅうねん

※みんなとは、
 社員だけでなく
 仕入先さん、協力業者さん、システム屋さんなどなど
 みなさんを指します。

 

 

 

さて、今日のお話は

勝手にリモートの成果報告です。

 

 

リモートと言っても色々ありますが、

 

今回は


・ZOOM
・ベルフェイス
・Google meets
・Teams
・Cisco
(略称、俗称にて)

etc...(上記、私個人の対応が多い順)

skypeが0っていう...

WEB会議システムについての報告です。

 

 

【結論】

時間効率が良い(45分想定の打合せが15分で完遂)

  ※移動時間の削減はかなり大きい

 お取引先様に、
 ご足労頂くことが割愛できる点は
 当社にとっても十分なメリットである。


・無駄な会話が少ない

 ※上記の時間効率に直結する話で、
  対面で必要なアイスブレイクが不要(条件有)

 

【調査方法】

当たり前のように
サラーっと社内でのお願いごとなどを
ZOOMで繋がせてもらったり

新規営業を頂く際は
ZOOMにお付き合い頂いて検証を重ねてきました。


【考察】
・先述している通り、時間効率は平均2~3倍は上がる
 (商談時間のみで)

・会議室的な個室がほしくなる

・相手側の周囲環境への配慮を忘れずに


【リモートワークお作法(継続研究対象)】

① ミュートスタート ←雑音入っちゃうからね

② 背景はオシャレに ←とあるシステムのリリース待ち

③ 事前に共有用の資料は用意しておく
  ※すぐに表示できるように 準備は大事だっちゃ

④ SOUND ONLYの光明 (ココだけ多いな💦) 
 
 現ワタシのPCがカメラ積んでないので
 分かったのですが

 ビデオONでの音声とのタイムラグが
 円滑なコミュニケーションの
 妨げになることがあります。

 片方、もしくは双方
 SOUND ONLYにすると
 割とスムーズにお話ができます。

 
 それ電話でツッコンだアナタ!
 WEB会議は画面共有ができるのですよ...

 資料を見て頂きながら
 説明ができる

 将来的にCADの画面を見せながら
 工程打合せも、全業者リモート参加
 できれば、もっと効率よくなるのでは?

 記録も残しやすいですし


【リモートワークの弊害】


① 初回営業には不向き という暗示


② 何かをインストールしないといけない という先入観


③ 上はワイシャツ、下はハーパン(ハーフパンツ)
  という油断から起きる事故


とりあえず、書かなきゃ

で書いた感が出た

〆になりましたが、今のところ、こんな感じです!!

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから