MENU

BLOGブログ

日常

濡れぬ先こそ露をも厭え 毒を食らわば皿まで

2020.07.24

濡れぬ先こそ露をも厭え

ヌレヌ サキ コソ ツユ ヲモ イトエ

体が乾いているときは、
少しでも濡れないようにと露をも避けようとするが、
いったん濡れてしまえば、
濡れることなどかまわなくなってしまうこと。

 

オールオアナッシング(100か0か)の考え方の人が陥りやすい考え方です。

 

そんなときもあるけれど

途中で傘を手にしたら、傘を差そう。

 

毒を食らわば皿まで

ドク ヲ クラワバ サラマデ

どうせここまでやったのなら、最後までやり通そうというたとえ。

悪事に手を染めた以上は、
どこまでもそれに徹しようとたとえ。

 

毒入りのものを食べてしまったら、
どうせ死んでしまうので、お皿まで食べてやろう!

という話からできたコトワザだそうです。

 

 

実は上記の2つのコトワザは類義のものとして扱われています。

 

しかしこの2つのコトワザから私が学ぶものは異なります。

 

濡れぬ先こそ露をも厭え から学んだコト

 1つの失敗をしたからといって全て終わったわけではない
 あきらめずに、切り替えて行こう!

 

毒を食らわば皿まで から学んだコト

 毒を食らうリスクを取るのなら、皿ごと全てのリスクに立ち向かえ!
 毒の部分もあるかもしれないが、皿は洗えば使える!

 

4連休の方、4連休でない方
 大雨と猛暑にさらされる日が続きますが
  どうぞ、みなさま ご自愛くださいませ

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから