MENU

BLOGブログ

日常

入社ルートを分析してみた

2020.06.16

入社ルートを分析してみました。

 

これは、離職者を除く現在のメンバー内訳なので
採用数としては「人材紹介サービス」さんが一番多いです。

 


社長の同級生:2名
ハロワ:2名
専門学校:2名
人材紹介:4名
メディア:1名
同業流入:7名(一人は社長の同級生)
社員紹介:5名

 

 

といっても、

離職率が高いのは私の部署だけ

確実に私の人間性に問題がありそう!!!


 

過去のブログを読んで頂ければわかりますが

 

 

きっと普通(マジョリティー=大多数)では無い

 

私の各記事は、マイノリティリポート(少数派の報告書)であるため

どこまで参考になるかはわかりません

 

 

上記の採用ルートは今後、

求職市場や当社の採用戦略、採用手法を決めていく上で

大切なポイントです。

 

 

実績から「人が人を呼ぶ会社」をコンセプトに

2021年以降の採用活動を展開していこうと思います。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから