MENU

BLOGブログ

日常

テレマーケティングのお話

2020.06.04

「テレマーケティング」というとカッコいい?

テレマーケティングって何?
要は、架電すること(電話を架けること)※です。

当社で良く飛び交う「架台」は台に荷重が架かるから「架台」です。

※テレマーケティングの本来の意味と、違いますが、意味をこう履き違えている人が多いので、あえてそっちで話を進めます。

 

最近、採用関連の会社さんからの電話がまた増えてきました。
暖かくなってくると増えるので、季語にしても良いんじゃないかと思うくらいです。

 

ここで一句

 新人の やっつけ仕事に させんなよ

  目的伝えぬ テレマ地獄(字余り)

 

他社の人事の方なら笑ってくれると信じてます

その前に、社内からクレーム来そうですね(表現的に)

 

みなさん揃いも揃って「最近どうですか?」って

「何が?」しか言いようが無いです。

※コロナウイルスは収束してほしいし、医療従事者や流通、飲食
 もちろん建設もコロナ禍の中、
 稼働している方々におかれましては、
 感謝と敬意しかありません。


 新規でいきなり「社長居ますか?」と架けてくる人

 携帯に架けてと言っても会社に架けてくる人

 用件まとめて、先にメールくださいとお願いしても

 かけちゃいました!って鳴る電話

 「御社のニーズを聞かせて下さい」をアポ電でしておきながら

 商談時も全く同じ質問をしてくる人

 

みなさま、名だたる会社のエリートさんだから

舐められているのかなー

と思いながら、そんな皆さんのお話に耳を傾けています。

 

初めて電話架けてくる人に多いのが

「以前、〇〇という担当がお世話になっており、今月から私が担当になりました」

コレ、お付き合いのある会社様なら普通のやりとりですが
お取引実績のない会社さんに言われると

「前に電話で話した人が同じ会社にいる」=アドバンテージ
になると思ってるのかなぁ

「〇〇頃に、紹介させていただいて、その時はどうのこうの...」
意地でも過去の記憶を、紐づけさせようと思ってコレに30秒くらい使われると、「聞く気 失せます。」

そういうトークスクリプトがあったら、
ポンコツスクリプトだと思うので燃やした方がイイですヨ。

 

あと最近、距離感間違ってる人
異様に多いです。

 

タメ口=インファイト(営業で言うところの)

 

と勘違いしている人が多い気がします。

 

コレ現場でも思うのですが
年上の親方さんが「敬語」を使って接していただける方は
とても清々しいですし、人として敬意を示したくなります。

現代は、こういう方が増えてきました。
当社に関りのある職人さんは、
年齢関係なく尊敬できる方が多いです。

 

反対に、人生の教科書の様な親方さんの下に
親方さんより年上の「敬語」を使えない、
俗にいう「昔の職人さん?」と接すると残念な気持ちになります。

 

その人がどうこうというよりは
20年早く産まれていれば、
年下にこんなことを思われることなくブイブイ?
言わせて現役を終えられたんだろうなと思います。

 

話を戻して、
テレマーケティングの手法の話

 

 「何がしたいのか」

 

コレを達成するために考えるべきこと。

 

【問題1】
 食塩100g 水1,000gがあります。

 食塩濃度を最大にするには、どの割合で混ぜればよいでしょう?

 

【答え1】

 混ぜない。

 ※混ぜるという前提ならば、水を最小限にする。

 

 

 

【問題2】

 あなたは架電先に「アポを取りたい」
 文字制限1,000文字以内で伝えなさい。

 

【答え2】

 アポをとりたいです。
 ※実務での効果は保証しません。


何が言いたいのかというと、
 学校のお勉強では、
  文字制限=制限いっぱいまで文字数を稼ぐ
  なんならドンピシャ1,000文字を狙うのがセオリー
  プラスをしていく作業

 社内のお仕事では、
  伝えたいことを「適切に伝える」
  無駄な文字を削る「推敲する」
  マイナスをしていく作業

 

かわいそうですよね
勉強散々頑張って来たのに、社会は嫌がらせのように
逆のスキルを求めてくるんですから


国語の最初も四則演算から教えたら、いとをかし...
そのほうが、よほど趣があるでしょう?




話は次世代へ飛びますが...

テレビ電話・WEB会議・ZOOM・ベルフェイスを使っての営業は
呼び方いまいち定着してませんが、

どんな名前で定着するのでしょう?

ま、名前はさておき
人々の意識改革が浸透するまでは

テレビ電話での営業活動は
「新規の初回」においては回避した方が良いと思っています。

理由は、書きません(笑)
勝手に研究していることですが、
絶対的な理由があるためです。
※どこかで書いた気もしますが....

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから