MENU

BLOGブログ

日常

2020年後半スタート

2020.06.01

毎年、6月1日になるともう半年経ったんだ
何も出来てないなというセリフを口にしがちですが

今年は、新型コロナウイルスもあり
「いつも通り」と言う訳にもいきません。

「新しい生活様式」「ウィズコロナ時代」と世間では例年見られない言葉が飛び交っております。

当社としては、元々リモート整備は前提でネットワークを構築していたので、通信インフラ部分は大幅な梶切りはなかったにせよ

個別に行っていたリモート仕様を拡大したり
今後のネットワーク整備の方針は見直しを行いました。

もう一つかねてから構想している、「短期戦力化」について体系を作っていく必要があるなと思います。

というのも今後もしばらく増員をしていく方向性なので
いかに早くオンリーワン人材になって頂くかコレが課題です。

コレについては、実際は各部署のリーダーが行ってくれており
ほとんどの部署が成功していると言えます。

そんな中、
求職者さんの中には人生を変えたいと思っている方や
イヤな仕事をやめたい
成長していきたい
お金を稼がないといけない

様々な理由と、様々な価値観で活動をされている事と思います。

何がイイ、何がワルイと言う訳ではありませんが

一時の共感をしたからと言って

今まで何も努力していない方が、キレイごとだけで過酷な道(今までと異なる生き方や価値観の世界で生きること)を選ぶ事はナンセンスだと思います。

努力やポジティブの芽を摘むのは良くありません。

努力と感じている時点で、向いていないんじゃないかとも思います。

我々は客観的にみると、努力しているように見られることを
当たり前のようにこなしたり、努力をすることは当たり前と思っている(努力と思っていない)人が多いです。

「何を学んだらよいですか?」

一見、優等生な質問ですが

裏を返すと
効率の悪い、的外れな学習はしたくない。
何を学んだらいいか本気でわからない(自分のやるべきことが分かっていない)
興味がない(興味があれば、主体的に学ぶ)

このようにも取れるわけです。

動物は食事に火を通してから食べないのか
動物は食器を使わないのか(ペットに餌をあげる行為は除外)

特に生物学に熱心なわけではありませんが、
 火を通さなくても平気、だから火を通さない。
  コレが理由だと思う訳です。

 火を起こす技術を得ていないから と
  説明したくもなるかもしれませんが、

 人は何故、火を起こしたのか
  火を起こせたから食あたりが減った

これは因果関係としては逆だと思います。

話を戻すと、
 目的を意識する行動と
 行動を目的とした行動では

結果的に辿り着く場所(未来)は異なる

ということを日々感じる、2020年 後半戦 初日。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから