MENU

BLOGブログ

日常

コーディングとプログラミングの違い

2020.02.04

「コーディング」と言う名前を初めて見たのは、コムデザインラボさんの採用情報でした。

 

当社も名新パイピングという名前ということもあり、
パイプ(pipe)のingという成り立ちに慣れてはおり


コード(code)なんだろうなとは、思っていて調べてみました。

 

コーディングとは

 プログラムを書くこと
  仕様書や流れ図(フローチャート)に沿って、
  ソースコードを記述していくことを指す。

 文字や画像、音声などのデータを
 特定のコードに置き換える(符号化する)こと。
  これはエンコードと呼ぶのが一般的。

 処理をマークアップ言語やプログラミング言語で記述する事

 

と書いてはみたものの、わからーん!!!!!!!

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

 

 

プログラムを作る事そのものをつくること
構造は以下の通りです。

 プログラムの設計

  プログラム言語で記述 ←ココをコーディングと呼ばれるようです。

   プログラムのテスト

    不具合の修正

     完成

 

 

当社で言うと

「設計職」と「製図職」で全然領域が違う!

というのに似ています。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから