MENU

BLOGブログ

日常

技能実習生と建設就労者の違い

2020.01.18

技能実習生と建設就労者の違いをわかりやすく解説

どこが違うの? グローバルな仲間たち 3選

① 国の管轄が違うよ
 技能実習生:厚生労働省・法務省
 建設就労者:国土交通省

② 目的が違うよ
 技能実習生:日本の技術を勉強して、母国に持って帰るよ!
 建設就労者:オリンピックで使う建物を作るの手伝って!

③ 在留(日本に居られる)期間が違うよ
※現行制度で最長パターンの一例として書きます。
 技能実習生1号:1年 (技能実習1号)
 技能実習生2号:2年 (技能実習2号)
 建設就労者     :2年 (建設特定活動)
 技能実習生3号:2年 (技能実習2号)
 ↓
【新制度】
 特定技能1号:5年
 特定技能2号:∞

当社では、
実習生2期生までが「建設就労者」が適用となっており
3期生以降の在留が5年まで

というルールが
新制度の特定技能ができたおかげで、
より長く共に友と仕事ができるチャンスができました。



ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから