MENU

BLOGブログ

日常

恣意的な評価は評価制度の崩壊を招く

2020.01.17

「恣意的」って読めました?

「しいてき」と読むそうです。
恥ずかしながら、普通に読めませんでした。

当然の事ながら、意味を知っていることもなく...(照)

【意味】
 1.論理的な必然性がないさま
 2.気ままで自分勝手なさま、好みや思いつきで行動するさま

1番は色々調べると「偶然」という解釈ではないらしい(難しい)
2番に至っては、忍たま乱太郎の学園長じゃん!!

漢字の構成から

「恣」(し)という字は、
「欲しいまま」「気ままに」といった意味

「恣」の上の「次」という字が
人が吐息をついている」姿から転じたそうです。

「意」(い)という字は、「おもい」「こころといった意味

「意」の上の「音」という字はそのまま「音」という意味があり、
下の「心」と合わさって
「心の中の音=外に表さない音おもい」と変化していったそうです。



・このブログは、とても恣意的に書いております。

・このブログは、自由気ままに書いています。

 


同じ意味ですが、読み手の全員に伝わる書き方はどちらで
どう表現したほうが伝わるのか
考えさせられる今日この頃です。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから