MENU

BLOGブログ

日常

ライフサイクルという考え方

2019.02.23

サービスライフサイクル

先日、飲食業界の社長さんとお話する機会があり

そこで話題になったことが

 

最近の製品ライフサイクルは本当に短いという話

スイーツ業界が一番分かりやすく

某有名ドーナツ、某有名ポップコーンなど

 

東京出張の際は、必ず帰ってきていたものが

名古屋出店した頃には買いに行かなくなり

 

製品ライフサイクルで言うところの

「ファッド」に当てはまる短命さだなと

要員の一つとして「限定性」が購買意欲向上の一因であることは

言うまでもないが

 

伊勢神宮名物の赤福は販売チャネルを拡大しても

購入者が減るイメージは沸かない

 

この違いについて話あったところ

本物(良質)であること」

「地域に根強く継続していること」

とい2つの答えを導き出しました

 

このことから、お互いの会社で展開している

「飲食サービス」「配管製作・施工」に落とし込んだときに

 

店舗であれば立地戦略になるわけですが

当社は全国エリア対応企業ですので、

お客様に対して信頼の根を張り

 

個々が自分の特徴を理解し

本物を目指す努力が不可欠だなと感じました。

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから